╰( ^o^)╮自作漫画1枚絵2コマ3コマ4コマ以上の漫画

気に入った絵(m´・ω・`)m

坂田火魯志、先生……暁で2738件品も掲載してる……

7 件のコメント :

公開日: 2018年1月3日水曜日 管理人の文章 坂田火魯志 自作1コマ漫画 自作漫画 小説家になろう

でも台本形式の話は読む気が起きないんだよなあ・・・
やっぱりセリフだけじゃダメだと思う
返信削除
返信
  1. なれりゃあいいもんだけどね。
    とくにSAKATA先生の作品でそう思う。
    あの人の戯曲物はちゃんと読める。二人以上登場人物いても区別できるんだぜ!
    削除
  2. あの人の作品読むのかすげえな・・・。
    タイトルよく覚えてないがなんたらの覇皇だったかを
    読んで1話でダウンした思い出。
    あの人の何が凄いってあれだけの量書いて文章力に向上が全く見られない事。
    削除
  3. あれは人じゃなくて駄文自動生成機だから文章力の向上が見られないのは仕方がないないネ!
    ……何で書き続けてるんだろう?
    削除
  4. (´;ω;`)SAKATA先生は最強すぎる存在じゃな?

    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)アナタも画力の向上が見られないから、同じだろ!?
    削除
  5. 真面目な話、坂田氏はおそらく自閉だろう。
    本人にとっての小粋な会話を追求してるのだと思う。

坂田火魯志】とめたページ
2018/1/3
小説家になろう ☚まとめたぺーじ  【なろう】略称
内政チート☚まとめページ

全2738件、
https://www.akatsuki-novels.com/users/view/7012/page~137



★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)やっぱり……SAKATA先生は、AIかなにか……?
--
†(´・ω・`)最強じゃな……

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)この量をひたすら量産するなんて……人間業じゃない……
--
†(´・ω・`)しかも、誰も読まないというオチつき……

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)え……こら!?失礼だろ!?
--
†(´・ω・`)(お気に入り0がひたすら並ぶ無間地獄……修羅の道じゃな……)


7 件のコメント :

  1. え? あの人どっかの工学科が作成・実験データ取ってるAIでしょ。

    返信削除
    返信
    1. 自動文章製作ソフトのデモだと思ってた

      削除
    2. (・ω・`)漫画自動作成ソフトが欲しいぞい

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?漫画家を廃業させる発明品を望むなよ!?

      削除
    3. 過去に自演やらかしてるから一応人間かと

      まあ文章見ても自閉だろうね

      削除
    4. あの人って読者の事なんて全く考えてないからあれだけ早く書けるんだと思うわ。
      でもないとあれだけ書いて文章力がほとんど変わらないとかありえない。才能以前の問題だな。
      自伝ならともかく小説なんだから読んでもらう人の事も最低限考えないと話にならんだろうに。
      自分の書きたい事書いて評価される人もいるけどそういうのは天才の類だしな。

      削除
  2. やばい、会長×生徒会長がすごく気になる……
    いったいどんな話なんだ……

    返信削除
    返信
    1. だったら読めばいいだろ!(コマンドー風)
      https://www.akatsuki-novels.com/stories/index/novel_id~20941
      そんで感想もあげれば喜ぶと思うよ

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。