╰( ^o^)╮自作漫画1枚絵2コマ3コマ4コマ以上の漫画

気に入った絵(m´・ω・`)m

運転手「ポテチごと遭難したけど……積荷に手はつけないぜ」☚美談なの?

7 件のコメント :

公開日: 2018年5月1日火曜日 アメリカ合衆国の歴史 ニュース 事故/犯罪/汚職 自作3コマ漫画 自作漫画





アメリカの歴史】☚まとめ
日付順に記事を表示する?( ●∀●)
(・ω・ `)簡単な説明(-ω-)2018/5/1

 米オレゴン州での出来事である
ーー
運転手(ノ✖ω✖)ポテチを運ぶぜぇー!この巨大トラックでなぁー!
あ、住所打ち間違えて、山間部で遭難してもうた……
---
(´●ω●`)ポテチあるから、食べるんだな……きっと
ーー
運転手(ノ✖ω✖)俺はポテチは食べねぇ!
自然で三日間サバイバルして野宿して、歩きまくって、病院にいくぜ!
---
(´●ω●`)ちょ!?さすがに遭難したんだから食えよ!?

脱水状態で腎不全を起こし、右足は凍傷の可能性
(´;ω;`)ソース(´;ω;`)

 
ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!これは美談だろー!
ーー
†(´・ω・`)いや……これが美談だと、緊急事態の時に、餓死しちゃう人が量産されるぞい……?
非難される事を恐れてのう
ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こらぁー!?運転手のプロ根性をほめろー!
ーー
†(´・ω・`)え……荷物より、人命の方が大切じゃろ……
ポテチなんて安いし……
ーー
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)というか、ポテチって塩分あるから……
脱水症状で腎不全おこしている運転手が食べたら……死ぬだろ!?
ーー
†(´・ω・`)ですよねー

           

7 件のコメント :

  1. 昔テレビで聞いた話なんだが
    戦後直ぐのバスは馬力が足りなくて、舗装されていない山道を登る力がなかったんだと
    その為、車掌が車輪止めを使いながら少しずつ坂を登っていたんだが、車輪止めの用意が無かった時があった
    「このままではバスが逆走して崖から落ちてしまう!」
    と考えた車掌はバスのタイヤに己の体をねじ込み、バスを止めたという美談・・・

    この話を聞いた時、中学生だったんだが、全く美談に感じなかった
    車輪止めを用意しとけよ、ブレーキすればいいだろ、こいつの体を引っぺがすのにどれだけ時間かかるんだよ
    そもそもこんなの美談として扱ったら、真似せざるをえなくなって大勢死ぬだろ等々・・・

    返信削除
    返信
    1. >「このままではバスが逆走して崖から落ちてしまう!」
      と考えた車掌はバスのタイヤに己の体をねじ込み、バスを止めたという美談・・・

      (´・ω・`)うむ……ひどい死に方じゃな……

      削除
    2. 木炭バスだな
      坂道だと、乗客が降りて後ろから押してた

      削除
  2. ttp://suliruku.futene.net/a_uratop.html
    でこの記事に飛ぼうとすると、下のオバロ記事に飛んでしまう
    リンクミスかな?

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)ありがてぇ。ゆっくり修正

      削除
  3. 積み荷に、一緒にコーラーかペプシが入っていたら、我慢できなかっただろう。
    俺ならばりばり食って飲む。

    返信削除
  4. 瑕疵がどうも運転手側にあるので無事生きて帰ったとしても
    荷物に手をつけてると訴訟大国アメリカ、損害賠償やらなんやら来そうでなぁ
    俺も喰わない気がする

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。