╰( ^o^)╮自作漫画1枚絵2コマ3コマ4コマ以上の漫画

気に入った絵(m´・ω・`)m

なろう「ゆゆぽ新作が壊滅……?」

8 件のコメント :

公開日: 2018年4月11日水曜日 ネット小説 最下位職から最強まで成り上がる 自作漫画 小説家になろう 包囲殲滅陣







ゆゆぽのオッサンが連載を再開したのに、全くランキングに擦らなくて笑う。

凄い自信に溢れる割烹出してたのに。
返信削除
返信
  1. 殲滅陣の三巻が3/20ですよパルメさん。
    お布施にかってあげるんだw
    削除
  2. なろうって作者で見てないからね
    皆作品名で覚えてる
    「ああ、包囲殲滅陣の人ね」 「ああ、マサツグ様の人ね」
    逆に作者が覚えられているのは、悪い意味の時が多い
    削除
  3. なぜ日刊1位取れたのか正しく理解しないといけないんだけどな、普通は
    レビューや感想にアホだからって理由がしっかり出てるのに
    削除
  4. 18c
    俺、どっちもその単語は知ってるけど作品名知らないんだ

2018/4/11

小説家になろう ☚全てまとめたぺーじ【なろう】略称
包囲殲滅陣 【最下位職から最強まで成り上がる】←まとめたページ
付順に記事をブログで表示する?


勇者パーティーから追放されたおっさん、幾千のスキルを駆使して辺境の地で自由気ままに生きていく

ブックマーク登録 11,619件

★★★


--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!普通に人気作だぞー!
ブクマ1万超えー!
--
†(´・ω・`)うむ、包囲殲滅陣の才能は偉大じゃな?
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)新作すらヒットしていてすごいぞー!
--
†(´・ω・`)最強じゃな?
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ないようは?
--
†(´・ω・`)読んでないから知らん。
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?読めよ!
--
†(´・ω・`)銀英伝が放送しているせいで……時間がないっ……!
--
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こらぁー!?
--

8 件のコメント :

  1. (´ω`)ゆゆぽは人気者じゃのう

    返信削除
  2. 普通は、書籍化作家が次作を出して、日刊に乗った時点で打診が来ると思うんだが
    それは無かったのかな?

    返信削除
  3. 雑魚敵の攻撃かすっただけで即死しかねない紙装甲おっさんが勇者パーティから戦力外通告だされたけど、なんか色々あって勇者と二人で魔王倒しにいって、超強い敵の攻撃ふつーに食らってたけどべつに死ななくて、あの設定は何だったのだろう? というお話じゃよ。

    返信削除
    返信
    1. ゆゆぽらしい設定じゃないか

      つかそれだけ紙装甲だったら戦力外通告されて当然だな
      むしろ仲間の優しさじゃね?

      削除
  4. ブクマもっと沢山だったろ
    知らん間になんか凄い減ってね?

    返信削除
  5. そろそろ垢ロンダの時間なんじゃね?
    (悪い意味で)有名になり過ぎたし

    返信削除
    返信
    1. 間違いとはいえ書籍化までいった垢をそう簡単には手放せないだろう
      ガガガは馬鹿だと思うけどゆゆぽを枷にはめた功は評価したい

      削除
    2. 殲滅陣の三巻は、出て直ぐに中古で半額まで落ちたし、いよいよダメだったんだろうなぁ。
      amazon評価でも超アゲアゲの面白い評価が付いたり、評価内容は辛口突っ込みなのに☆4着いたりとか、色々面白い存在だった。

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。