╰( ^o^)╮自作漫画1枚絵2コマ3コマ4コマ以上の漫画

気に入った絵(m´・ω・`)m

【なろう】「包囲殲滅陣のゆゆぽ……読者に愛されているな……」

14 件のコメント :

公開日: 2017年12月29日金曜日 管理人の文章 最下位職から最強まで成り上がる 自作漫画 小説家になろう 包囲殲滅陣




ゆゆぽパックン作品の感想にこんな人いました。

『感想欄を見ると厳しい意見が多くてビックリです。たしかにさらっと読み飛ばしたり、包囲殲滅陣(笑)などと偏見をもって読むと「なんじゃコリャ?」と読んでしまうのも理解できます。ただ、よくよく読んでみると一人称小説のメリットを最大限に活かして、微妙な心理の機微を説明するのではなく描写していたりとかなり考えて、言葉の一つ一つを真剣に選びながら書いたのだということが伝わりました。

 以下、勘違いされていそうな部分の私なりの解釈です(大枠では間違えてないと思います)。「うわ、こいつ痛い」って感想ですが、せっかくの作者さんが考え抜いてミステリーなみのミスリードや叙述トリック、言葉選びをしているだろう作品なのに勿体ないのであえて書かせてもらいました。

一見矛盾するような記述も凡人には一貫性がないし矛盾だらけというのをよく表していて素晴らしいです。例えば主人公の気持ちだとこうです。
>世界から浴びるほどの尊敬と称賛
>「レナードさん、レナードさん」と懐かれ、尊敬を受けていた。
>称賛や、尊敬がされたかったわけじゃない。
>ただ、人の役に立ちたかった。
>感謝され、「ありがとう」と言われる仕事がしたかっただけ
>ボロボロになるまで頑張ったのに、俺は勇者パーティーから見限られた
 言葉とは裏腹に尊敬と称賛を受けたかったというのがよく伝わってきます。
 主人公の目的だってそうです。
>ただ、人の役に立ちたかった。
>感謝され、「ありがとう」と言われる仕事がしたかっただけ
 と、表向きには考えながら、
>勇者パーティーのやつら
>俺のことがずっと嫌いだったのかもしれない
>冷酷な勇者パーティー
などと内心は勇者パーティーを快く思っていなかったのを匂わせつつ、
>人生に、生きる意味なんてない
>意味なんてどこにもないし、誰も持ってない
 と、魔族から人類の領域を取り戻す使命感をもっていたわけでもないのが伝わります。さらに魔族の領域で小便を垂れるほどに恐怖している女を面倒そうだからと速やかに立ち去ろうとする冷酷さもみせたるという見事な描写技術には舌を巻いてしまいした。
 また、それではなぜ危険な勇者パーティーにいたのかと言うと、これまた明言をせずに数話にわたってヒントを散りばめるなど非常に構成が練られているうえに巧みです。
>俺たちは世界から浴びるほどの尊敬と称賛
>肝心の今後の生活を続けることすら危うくなる。それでは本末転倒だ。
>賄賂
>勇者パーティーでは、こんなドロップアイテム、日常茶飯事だった
等々、勇者パーティーにいる旨みと肝心なのはなにかというのを説明せずに極めて自然に、本人にとって当然のことの様に考えさせる手法は只者ではないと思いました。

 主人公の実力や実際の行動、容姿に関する描写も巧みだと思います。
>女なんか作れる気しないし、生涯童貞でもいいかな
 浴びるほどの賞賛を受ける英雄一行の一人で、賄賂を渡すくらい価値のある力をもっていて、ドロップ売却でとてつもない金持ちなのに、童貞なんですよ?圧倒的な容姿の問題かどれほど酷い言動をとっているのかと思わせる巧みさから作者さんの手腕の凄さを感じました。

>(自分は)レベル換算にして50の実力はある。
>50レベルぐらいでブラッドベアと互角~中略~この程度の魔物なら余裕だ。
 一見矛盾する書き方をしつつ、実力を巧みさでカバーする戦闘で矛盾を解消するなど書籍化作家の実力を垣間見ました。
>推定レベルは70オーバー。俺の引き出しを最大動員すれば、なんとか戦えないこともない相手
 などと明らかなハッタリ(60で苦戦して70だとダメージがほとんど与えられない)で怯える他の面子を落ち着かせる場面では主人公のベテランっぷりを演出した上で、それをあっさり信じる住民の純朴さも表す一切の無駄がない論理構成には圧倒されました。

 それによくよく読むと理由付けがしっかりしている点も素晴らしいです。
>勇者パーティーのやつら
>俺のことがずっと嫌いだったのかもしれない
>冷酷な勇者パーティー
>賄賂
>当初は、俺は最強だった。
>「レナードさん、レナードさん」と懐かれ、尊敬を受けていた。
>俺に表立って指揮なんか取られれば、パーティーの反感を買うだけだろう。だから陰からあの手この手でパーティーの支援(直後に「いいからパーティー全員が小さくまとまれ」と命令)
>どうだかね、と思ったが言葉には出さず、俺は苦笑して肩をすくめる(言葉には出さないが態度で示す)
 滲み出る嫌な感じの人間っぽさで追い出されるのも無理ないかな?と読者に思わせるプロのやり方だと思いました。
 賄賂も雑事を任されていた上、他の面子がそれらに無頓着なことから勇者パーティーのドロップなどを合わせると「なるほど」と数話をまたいで納得させたりと一言でいえば凄いです。
 500万ベルグを即用意できる店から街の治安の良さ、資金の流通状態、人類の再興状況などを推し量れるのも流石といった感じだと思いました。主人公が100万ベルグという身の丈に見合わない少額で追い出された謎もこれから長い時間をかけて明かされるでしょう。
 盗賊長が最新話と一話で説明が違うのもどうゆっくりと描写していくのかいまからワクワクしています。
 他にもいろいろありますが枚挙にいとまがないのでここらで切り上げます。

 一部で叩かれているような軽薄な作品では決してないと思います。多くのワードに様々な意味を潜ませている、ファンタジーというよりもミステリー小説のつもりで注意深く読んでいくべき作品だと思いました。』

どこかでつい最近見たことあるような文章です。
ここまで深読み推察しないといけないなんて、私は読書初心者のようです。
返信削除
返信
  1. ゆゆぽの小説って、不思議と数多くの矛盾を、何故か読者の一人が必死に弁解するよなw

    もう必死というか無理矢理。

    そんなエニグマ暗号を解読するみたいにこねくり回して言葉の意味を部分部分正反対に取ったりしないと意味が通らないような作家の文章が、高評価されるわけないやんw


    フクアカでコイツ通報してみたら面白いんじゃね?w
    削除
  2. ( ;∀;)それだけ人気がある証拠じゃな……
    包囲殲滅陣の時点で、すごい魅力が溢れておるし……
    削除
  3. そう思うなら、何故殲滅陣の1,2巻を買わなかった!
    答えろパルメ!!
    削除
  4. 読んでみてつまんなかったな
    削除
  5. なんか、ゆゆぽマジでやばくね?
    前のシーンで違う人がやってた仕事が、いつの間にか全部主人公がやってた事になるというトランスフォーマーの作画ミスみたいなすり替え始めたり、同じシーン・同じセリフ繰り返し入れたり、パクリだとか言われてた元の話しと、序盤処かその後の展開もコピー紙始めたんだが……。

    精神がマジでおかしくなってきたんじゃ無いかと心配になるw
    削除
  6. プロット書くどころか、考えすらしないで書いてるからだと思うよ
    もしかしたらテーマすら定まっていないかもしれない
    んで一話投稿するたびに頭がリセットされちゃう、だから前後で話が食い違う、みたいな

    スコップしてた頃みたポイント0作品にも似たような構成になってしまってる作品はいくつもあった
    削除
  7. なろう日刊フォーマットってヤツだな。

    誰かが日刊1位を取る。(チェック)
    週刊まで上位維持する(パクリ元確定)
    確定したパクリ元をコピーする
    これを毎日連載
    同じジャンル・似たような名前・似たような内容なら日刊に載る


    これがなろう日刊フォーマットですよ。
    別名、雨後の竹の子。
    削除
  8. >フクアカでコイツ通報してみたら面白いんじゃね?w

    いや、この人は擁護の体で矛盾突いて遊んでるんじゃないのか?
    散々ちょっとした仕草から滲み出す主人公のクズっぷりを取り上げてるし
    まさか本気で良い作品と言っているのではないだろう
    ・・・だよね?
    削除
  9. この感想読んで、好意的にとるやつはそうそうおらんやろw
    削除
  10. 某全国紙の天声人語の様な感想です。
    久方ぶりに声を出して笑いました。
    削除
  11. > せっかくの作者さんが考え抜いてミステリーなみのミスリードや叙述トリック、言葉選びをしているだろう作品

    原作読んだことないが、こう思えるような作品という印象をうける要素が微塵も他の人々の感想から、受けとれないのだが。なろうのミステリー作家に謝れとしか思えぬ。人気ジャンルではないが、考えられた作品が結構あるんだぞ。
    削除
  12. コピペで済みませんがこんなのもあったようですよ?

    パクリ元のざっぽん氏の割烹に寄せられたコメント

    「勝手なお願いで申し訳ないのですが、更新速度を毎日にする事は可能でしょうか?
    上谷圭さんが書かれてらっしゃるこのSSのオマージュ小説の最新話がこのSSの13話にあたるんです。そこから計算すると、ネタ元のざっぽんさんの方のストックが後32話しかないんで、一日一話オマージュするとして計算すると毎日更新が一ヶ月しかできないんですよ。
    今上谷圭さんが日間一位になれたんです。これをキープして二作目の書籍化を狙うには、毎日更新でランキングを維持する必要があるんです。
    なので、ざっぽんさんには苦労を掛けますけど上谷圭さんを助けると思ってもう少し更新速度を上げて貰いたいんです。」

    愉快犯かもしれないけど、作者の本心的確についてる。
    削除
  13. この感想これだけでもそうですけど、気になる点、一言まで読むと密林の☆四評価と似てると思うんです。
    いかがかしら?
    削除
  14. オリジナル部分が増えれば増えるほど執筆時間が増える=>毎日とか無理

    コピーならオリジナル部分が殆ど無いから即書ける=>毎日連載


    マジで畜生だよなw
    削除
  15. kよ、だからこそ擁護の体で遊んでるとか言われてるんやで

    叙述トリックがどうとかいうのは
    ゆゆぽが割烹だかツイッターだかで全く理解せずに言っていた事だからな
    明らかにゆゆぽをヲチっている奴が
    ゆゆぽの言動を皮肉ってるだけや
    削除
  16. ゆゆぽツイで

    >今日はおっさんの一章完結までのプロットつくらねぇと...

    っていってるけど、自爆発言してるって気づかないもんかな。
    プロットなしで毎日更新できるもの書いてるってことは、適当に書いてるかパクってますって言ってるようなものだよね。
    書籍作家で次目指してるならプロットの大事さは理解してるはずなんだけど。
    それともオリジナルって言いたいのかね。
    削除
  17. 今度は、殲滅陣コピってゆゆぽを日刊から蹴り落としたら面白いのになw
    感想欄でゆゆぽのはセーフだとか言ってた奴らが、今度はパクリだとか言って叩きそうなw

    底辺から駆け上がる! メモリダンプはチートでした
    削除
  18. パクってる本人のブクマに原作が堂々あるんだから
    大したもんだよな…これで殲滅陣三巻でたら
    本人もそうだが出版社も本当にどうかしてる…
    本当に出版社社長かコネ・枕営業説が濃厚になりそうだww
    削除
  19. 無条件で三巻までは出します、とかで無い限り、あの売り上げで三巻は常識的には無いわな。
    疑問が残るのは、何故そんな好条件をガガガ側が提示したか、だ。
    突っ込まれ作品としてカウンター回転数は確かに大きかったが、読んで見れば正統派ファンタジー書こうとして大失敗したらそれがシリアスギャグになって受けた……まで容易に分かる内容。

    ホントに社長かコネか枕かしか、思いつかないなw


    殲滅陣の三巻や如何に!?
    削除
  20. ああ、ゆゆぽよ...
    パクって馬鹿やるならここまで突き抜けてほしい...

    https://ncode.syosetu.com/n9218ek/
    削除
  21. 日刊ランキングから転がり落ちて、落ちたタイミングに合わせて割烹で更新速度云々言い始めたから、そろそろ打ち切りじゃね?

    次にパクるのは悪役令状か、異世界農業か、かな(現日刊ランキングを見つつ)
    削除
  22. 幾千最新話
    パクれないので短い文章と改行、セリフで逃げる。
    出だしの天才云々は作者本人のことを言っているようにも取れる。
    なんで辺境の田舎娘が負けない理由を哲学的に考えられるのか。普通は恩人、好きだからで終わる。

    最後の文は「俺たちの戦いはこれからだ!」エンドをにおわせてるね。
    削除
  23. ゆゆぽ先生、ツイッターアカウント消しちゃったよw
    これから内政パートが始まる。また天才とか言われちゃうZE!
    とか自画自賛してた伝説のツイッターが、鍵付きになったかとおもったら今度は消えちゃった……。
ありふれた職業で世界最強←まとめたページ
2017/12/26
小説家になろう ☚まとめたぺーじ  【なろう】略称
内政チート☚まとめページ


-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こら!?これ、褒めているコメントなのか!?
--
†(´・ω・`)コメント欄が荒れるのは愛されている証拠!アンチがたくさんいるのは、大量のファンがいる証!つまり、ゆゆぽはリア充!
-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)どんな推理だ!?それ!
なら、どうして包囲殲滅陣の書籍を買わなかった!?
--
†(´・ω・`)本好きとSAOとか読んでいて忙しかった
-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)好きなら、全作品を買えよ!?
--
†(´・ω・`)そんな事したら、置く場所がなくなるぞい(今までに購入した作品を4桁単位で捨てた事があるパルメ
-
★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)こらー!?
--

14 件のコメント :

  1. >コメント欄が荒れるのは愛されている証拠!アンチがたくさんいるのは、大量のファンがいる証!

    JKハルを山本弘が批判してるのを見て思ったんだけど
    同じ炎上でも賛否両論が互角で荒れるのが需要がある証拠で、ゆゆぽみたいに突っ込みばかりになるのはやっぱり人気が無いからなのでは……?

    返信削除
    返信
    1. ( ;∀;)そんな……馬鹿な……?
      包囲殲滅はなろう民に好かれるネタのはず……?

      削除
    2. 山本弘のは「またかよウルセェ黙れ」と弘に批判殺到してたような。
      昔からあの人「無敵くん」だからね。絶対議論で負けを認めない、あちこち首突っ込んではトモカク最後に発言しようとする2chの荒らしタイプだから、作品の評価より「また難癖付けてるよ」というほうで炎上してる。

      多分「包囲殲滅陣」に関して彼が論評しても「たとえそうでも黙れ」と炎上すると思うわ。

      削除
    3. togetterは同じ題材でもコメントする人間によって全然違う空気になるし、一旦空気が出来るとどれだけ正論だったとしても叩かれることがある
      山本弘はめんどくさいSFオタクだから叩いてOKみたいな空気があるし、と学会その他の論評で敵も多いからねぇ
      実際君の名はの作画ミスの時も(これに関しては本人も面白いだけに単純なミスが残念というまっとうなスタイルだったにも関わらず)噛みついてる人はそこそこいたし(まぁ今回のJKハルは言いすぎな所もあるが)

      削除
    4. タイプが違うが山本弘は岡田斗司夫と被るものがあるねぇ
      本人がアレ過ぎて何を語っても説得力がなくなるという

      削除
  2.  ホラあれだよ 牟田口廉也将軍が有名なように ゆゆぽ先生も有名なんだよ  突き抜けた才能は、どの方面でも話題になる。

    返信削除
    返信
    1.   真下や 斜め下に突き抜けているんだろうよ 

      削除
    2. 感想や掲示板、本の売り上げみても、自分を信じて一歩も引かずに世間が悪いって思いこめるのはすごいと思うよ。
      自分なら引きこもりか自殺手前だもの。

      削除
    3. 確信犯だから責められてもダメージなんて受け無いでしょ。
      まさに「勝てばよかろうなのだぁ!」な精神で。

      削除
    4. 阿Q世伝の主人公そのままですな 精神勝利方 

      削除
  3. 追放コピー、コピー元に追いついてからこっち完全にギャグ小説になってるな。
    殲滅陣テイスト全開。
    なかったはずの戦闘力を普通にオッサンが発揮したり、敵のド真ん前で作戦会議しといて作戦がバレてるとか驚愕したり……。

    返信削除
    返信
    1. 評判よかったら二章書くらしいけど最強の魔王あっさり倒しちゃってどうすんのかね。
      スローライフは我慢できなくて書けそうもないし、奴は実は最弱ネタするのかな。

      削除
    2. 日刊完全に沈んだから確実に終わるだろ。
      また人気の他作品をパクって新連載するんじゃね?

      つか、今は消されて残ってないが、殲滅陣三巻の原稿をやらなきゃとか言ってたよな。


      三巻何時出るんですかねw

      削除
  4. この人の作品は、感想欄とセットだわ。
    感想欄読みながら、照らし合わせて本文読むと面白い。凄い笑える。
    本文だけだと、本当に只のゴミ。

    返信削除

(´・ω・`)コメントを公開するのに、少し時間がかかるぞい

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。