╰( ^o^)╮自作漫画/2コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

漫画●トルコ「プールで五人が感電死」

5 件のコメント :

公開日: 2017年7月2日日曜日 トルコ ニュース 事故/犯罪/汚職 自作2コマ漫画 自作漫画 中東の歴史



 日付順に記事を表示する?(´●ω●`)

中東の歴史・ニュース】まとめたページ

漫画●トルコ「プールで五人が感電死」 2017
7/1
(´・ω・`)解説(ノ゜ω゜)  日付順に記事を表示する?

トルコ人(ノ✖ω✖)プールでゆっくりするよー。

プール(´●ω●`)俺……感電を防ぐブレーカーがないプールなんだ……

トルコ人(ノ✖ω✖)きゃぁぁぁぁ!10代の若者3人が感電してビリビリ状態だわ!
助けに入った二人もビリビリして死んじゃったー!

プール(´●ω●`)感電すると……何もできなくなるから、もう溺死するしかないのだ……人間の体、電気信号で動いてるし……


(´・ω・`)ソースの一部(´・ω・`)

トルコのプールで利用客らが感電、若者含む5人死亡
 

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)先生ぇー!どうして感電すると死ぬ事が確定するんですかー!

●(´・ω・`)電気で筋肉が収縮して、自分の意思で動けなくなるぞい。
その状態で水中にいたら溺死じゃろ?

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)そんな!?

●(´・ω・`)幸いなのは……被害者が5人で済んだことじゃな。
手すりを触って感電して、被害を負った生存者がいたおかげで「ああ、感電しているなって」推測できる状況になったじゃろ?
もしも感電していると分からないまま、次々と助けに人が飛び込んだら……恐ろしい事になっていたぞい。

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)え?幸いなの?

●(´・ω・`)ぶっちゃけトルコは、イスラム国よるテロのほうが怖いしのう……
テロの標的にされて人民が爆発の餌食じゃろ?

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)(なんて酷い地域なんだ!)




 日付順に記事を表示する?(´●ω●`)
中東の歴史・ニュース】まとめたページ

5 件のコメント :

  1.  (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜) 先生ー なんで感電したか書いてないのですか?
     (´・ω・`) 理由は重要ではない 結果が重要なんだ
     (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜) 普通に解らないと言えないんですかー そんな先生には電気あんまの刑
     (´・ω・`)電気マッサージにならんのかのう・・・・・

     途上国はすぐ盗電するので、それで漏電してるとか、普通にありますからね。
    教育が行き届いてないから、雷が鳴っているのにプールに入るとか無茶をしたりする。

    返信削除
    返信
    1. (´;ω;`)電気椅子の刑があっちこっちに転がっておるんじゃな

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ひでぇ答え方だ……

      削除
    2. (´・ω・`)謎は全て解けた!!日本の電気風呂を真似て電気プールにしたけど、きっと電圧が強すぎたんじゃな。トルコには風呂文化があるしトルコ風呂とか有名じゃしの

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ハマムかトルコ式風呂でしょ、それじゃ風俗ですよ!

      ※当時、プール周辺では工事が行われていて、5人はプールの水に触れた電線が原因で、感電死したとみられる。

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)・・・

      (´・ω・`)・・・あれ?

      削除
    3. プール(´;ω;`)こんな事になったのは、工事業者が全部悪い!

      削除
    4. パルメさんは電気(マッサージ)椅子が好きなんだよな

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。