╰( ^o^)╮自作漫画/2コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

【漫画】●「焦土戦術やったルークって、戦後どうなると思う?」包囲殲滅陣

40 件のコメント :

公開日: 2017年7月16日日曜日 管理人の文章 自作挿絵 小説家になろう 包囲殲滅陣




小説家になろう ☚全てまとめたぺーじ
内政チート☚まとめページ


これはあれだこの焦土作戦で大陸全体が荒廃するんだよ
返信削除
返信
  1. ルークって、故意に大陸全土を混乱に陥れて、その隙に独立を果たす下克上を狙ってるんじゃ無いかと思うんだよなw
    ルーク一世陛下狙い。
    削除
  2.  足利義政 弟を将軍にする約束したから、細川もそうおもうよね

     細川勝元(幕府歴代重臣) 将軍様の仰る通り

     日野富子 息子が生まれたんだから、息子にしましょう

     山名宗全 奥方様の仰る通り、われ等にお任せあれ。

    結果、京都は廃墟、中央や守護の力が弱まり、守護代とか国人が力を持つようになり、戦国時代に突入。

    北条早雲(計画通りー) 乱で弱まった中央の力が及ばない関東で無双
    削除
  3. 実際、天才的戦術(笑)で大陸中を荒らした後に、かー民衆に担がれて王になっちまったわ。つれーわーwとか良いながら王になるんじゃねw
    削除
  4. ttp://ncode.syosetu.com/n0612dm/77/

    最新話のスーパー太鼓持ちタイムがぶっちゃけキモイw
    削除
  5.  その惨状さんじょうは、信じられない思いだった。
     明らかにエジンバラ皇国軍が自分たちでやったのだろう。
     シリルカの街全体が燃え尽きた炭のようになっていて、まともに使える設備や食料は残されていなかった。

     もちろん、人っ子一人残されていない。
     金貨や重要な貴金属はすべて運び出された後だ。

    「リリ、何これ……? エジンバラが、自分で自分たちの街を焼いたってこと?」
    「そうとしか考えられないよね」

     燃え尽きて灰のようになったシリルカの街を、騎乗したまま私たちがゆく。
     ルークがよく使っていたと思われる冒険者ギルドも、おそらくこの街で泊まっていた宿屋も、武器屋も屋台も。

     すべてが燃えてしまった後だった。

    「これは……もしかすると……」

     途方もない恐怖が、体の底からこみ上げてくる。
     こんな戦い方をするなんて、想像の範疇外はんちゅうがいだった。

     私は、ビーチェと顔を見合わせて言った。

    「「焦土戦を仕掛けられている……?」」

     女子騎士2人の意見が一致する。

    「これマジで自分たちで燃やしたの? 普通、そこまでやる? 相当にえげつなくない、これ……?」

     私もベアトリーチェの言葉に同意する思いだった。
     ルーク……あなたはここまでやるのか……。

     ユースも苦々しい顔で首肯する。

    「間違いないだろうな。エジンバラも相当に思い切ったことをする」

    「どうするんですか、ユースさん。あたしたちは、長期の戦闘に耐えられるだけの補給は望めないんですよ! 糧秣りょうまつも、ギリギリの量しか持たされていない。エジンバラの豊富な資源を略奪できないとしたら、この先、どうやって戦っていけば……」

     ビーチェが泣き声のような悲鳴を上げた。

    「おそらく、周辺の村や街、田畑は全て焼かれているだろうな。考えうる限りの最悪の事態が訪れる……。リリ」
    「はい、なんでしょうか」

    「我軍の食料事情で、どれだけの期間、戦える?」
    「そうですね……兵に分配するパンやスープを半分に減らしたとして、あと2週間というところでしょうか」

    「かなりギリギリだな……」
    「ユース騎士に、私から提案申し上げます」

     ユースの瞳が、私の蒼色の眼を捉えて頷いた。

    「言ってみろ」
    「ウェルリアの政治事情により補給および撤退が認められないのであれば、早急に皇都を目指すべきです。まさか政治の中枢である皇都すら焼いているはずはないでしょう。ならば、余力があるうちに皇都を落とすべきです」

    「道理ではある。ベアトリーチェ、貴様はどう思う?」
    「あ、あたしの意見ですかぁ……? いやぁ、政治や戦略はとんと疎いものでして。リリと同じでいいんじゃないですかね?」

    「グズか、貴様は」
    「かちーん……」

     ベアトリーチェは静かにキレていた。

    「ともかく、戦闘資源が略奪による回復が望めないのであれば、我軍の破滅は秒読みに入っている。リリの言ったように、早急に皇都を到達し、落とすしか活路はない。軍に通告しろ、強行軍を敷くぞ!」

    「はっ、了解であります!」
    「了解でーす」

     ユースの命令に、私とベアトリーチェが敬礼で応える。

     しかし……と私は思う。

     皇都に至るまでの道に、あのルークがトラップを仕掛けていないはずがない。
     焦土戦は必ずどこかで反転攻勢がある。

     その時を迎えるのが、怖くて怖くてしょうがなかった。


    (´;ω;`)うむ、見事に主人公すげぇぇえぇぇぇ!を描写できておるのう……。
    ①ここまで徹底的に焦土戦をやるなんて信じられない!
    ②きっと、この先もずっと罠だらけだわ!
    ③食料が少ないよ!どうしよう!(歩兵がもてる食料は数日分なのが現実
    削除
  6. どうでもいいけど、一日で皇都につけたとして、二週間位で皇都落とせるの?
    一応、敵首都の攻城戦だろ?
    平城なん?
    削除
  7.  大戦中に食料の支給を落とすと、目に見えるほど戦闘力が落ちると、指揮官が言ってた。その目安が5合だそうです。

    食事を半分にした軍隊なんてただ生きているだけで、まともな戦闘なんて期待できませんよ。馬の飼い葉とか水だって調達できないだろうし。
    畜生は人間と違って腹が減ると、言うことを聞かなくなったり、丈夫な馬でも、わりとすぐ死んだりする。
    削除
  8.  ナポレオンと戦った アレクサンドル1世もモスクワが陥落寸前までは焦土作戦はしてなかったんだよね。

     食料の運び出しや街を焼いたのはモスクワだけで、他はそれなりにあった、前線部隊の手紙から「我々は食料豊かな地域に到達した」とか手紙がナポレオンに届いている。
     ただ、帰り道や他の部隊が通った後は、当然、そこの地域の食料や資源は無くなるわけで、補給線なんてろくに整備されてないから、凍死寸前や腹ペコで敵の追撃を受けて、損耗していたっだけ。
     よく、皆がロシアが焦土戦やるってのは勘違い、補給戦が長くなるから、勝手に敵が物資を食い尽くして自滅してくだけ。これは、鉄道や自動車を作戦数では十分にそろえたヒトラーでも同じ。
    削除
  9. もう、ルークヨイショしてる女どもで、農地に塩まいて水路を徹底的に破壊して帰国しちゃえば良いのに。
    しかも、唯一の交通の便の山岳地帯を丸々くれたんだろ。
    そこを逆に制圧してふさいでおけば良い。
    削除
  10.  三国志演技のエピソードで、曹操が兵士の食事を減らして粘る事を思いついた部下を称賛し褒美まで与えたが、兵士からの不満が上がりまくりで、褒美を与えた部下を横領の罪で処刑して不満を抑えたというのがあったなあ。
     史実でも似たようなエピソードがあったそうですが 

【漫画】●「焦土戦術やったルークって、戦後どうなると思う?」包囲殲滅陣 2017
7/6


★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ぶっちゃけ、ルークって戦後はどんな感じに扱われると思います?

†(´・ω・`)まず反逆罪で牢屋にいきます

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)うん

†(´・ω・`) 焦土戦をやったのは、皇国を荒廃させる謀略があったからと国が発表します。
これで貧民に転落した犠牲者達の怒りの矛先が、ルークになります。(焦土戦のために財産を失った連中は貧困層になる)

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)ひでぇ……

†(´・ω・`)ルークを公開処刑します。
もちろん、反逆罪って酷い刑罰が多いから、苦しんで死ぬ処刑方法ですって感じかのう?

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)別の道はないの?

†(´・ω・`)ロイさん使って、王族をほとんど殺して、姫様と結婚とか、そういうルートなら生き残れるぞい。

★(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)逆臣だよ!?それ!


小説家になろう ☚全てまとめたぺーじ
内政チート☚まとめページ

40 件のコメント :

  1. 最新話で必死にルークをヨイショしてた敵の女将軍共とかを吸収して、私兵部隊を組織するのは確実だな。
    ルーク本人にはそんな気は無いアピールを作者はさせるだろうが、作者は絶対ルークを権力側にすると思う。
    読者が客観的に見ると、ルークが自作自演で大陸を荒廃させて、その隙に支配側に回ったようにしか見えない描写でw

    返信削除
    返信
    1. (´;ω;`)戦乱の世を作り出し、自作自演で平定して統一する訳じゃな?

      削除
  2. 作者的にはるーくを王にするための下準備なんだよ多分

    神聖大皇帝とか名乗らないかな

    返信削除
    返信
    1. 神とか真なる人間とか名乗った始皇帝もたいがいなもんだけど、明の歴代皇帝の諱も神聖大皇帝よりもっとひどい 
       朱元璋は、開天行道肇紀立極大聖至神仁文義武俊徳成功高皇帝
       だもんな。
       こんなノリで国が250年間続くんだから。

      削除
    2. 確か皇帝なのに自分が将軍になりたくて、
      わざわざ自分を将軍に任命したのもいた。
      親征したは良いけど、捕虜になった皇帝とか。
      明の血筋はちょっと変わってる。
      外戚の専横を嫌ってか、皇后の出自があまり高くないし。
      官僚の給与ケチったから、志気が低い、賄賂横行。
      宦官は滅茶苦茶やるし。
      ホントによくあんなに長期間続いたもんだ。

      削除
    3. (´;ω;`)逆に考えるんじゃ。
      周りの国は、明以下だったから、大丈夫じゃったと考えるんじゃ。

      削除
    4. 明の時代・・・・の海外

      日本・・・・・室町時代 常に内乱中 大ヒャッハー祭り
      朝鮮・・・・・大腐敗祭り継続中
      モンゴル・・・元の分裂後の衰退期
      欧州・・・・・100年戦争とか常に戦争中とペスト大感謝祭
      ベトナム・・・・このころから南北ベトナム戦争開催中

      腐っても鯛で、清朝末期の産業革命までは、中国は世界のGDPの3割を稼ぎ出す存在だった、直轄地だけの税収でも国力が段違いで、周辺国は手が出せなかった。

      削除
    5. 周りの国
      室町幕府、織田政権、豊臣政権、江戸幕府
      高麗、李朝朝鮮、北元、タタール、オイラート等々
      あとはチベットとかベトナムくらい?

      削除
  3. これやっぱり
    包囲殲滅→ハンニバルのカンナエ
    焦土作戦→ローマが対ハンニバルで行ったファビアン戦略
    を上面だけパクったんかね。

    返信削除
  4. 大抵の軍隊は、1日に支給する食料の料は軍規で決まってる筈だから、最優先にする筈。よほどの手柄が無い限り、指揮官はどのみち軍法会議で処罰されるだろうな。
     しかし、略奪部隊なんて作戦を正規軍が良く建てるよな、こういう作戦は、欲が深い貴族が諸侯軍でやる筈なのに。国は軍監を派遣して、税金で何割かを持っていく。

    返信削除
    返信
    1. (´;ω;`)確かに、中国の軍閥ですら「税金100年分やー!出せー!」と言って略奪するしのう

      (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)結局、略奪するのか!?

      削除
  5. 主人公に勝たせるために敵が頑張ってアホにならんといけないから可哀想
    焦土作戦取ってるって分かったんだから徹底的に農地荒らしまくって撤退すればいいような

    返信削除
    返信
    1. 読んでないから分からんのだが、政治的に撤退が許されない状況だったりするの? それなら食料もないのに進軍する理由にはなるけど。

      削除
    2. (´;ω;`)でぇじょうぶだ。敵軍もアホになっているから、進軍してくるに決まっているだ……(戦果がないと、内ゲバ争いの時に不利になるし)

      削除
    3. まあ確かに馬鹿だよな
      何の功績も無いぽっと出が初戦で焦土戦行うんだからな
      こんなの政治利用するだけでルークとか言う馬鹿を
      自分たちの手を汚さず処刑出来るんだし
      変に名声だけある状況なら
      献策しただけで出世できるボーナスだもの
      その状況で誰も撤退後の情報戦仕掛けようとか言わない時点で
      みんな馬鹿にしかなって無いよな

      削除
    4. 史実でも、焦土戦術使って勝った後に、その焦土戦術が原因で地位を負われた奴は居ないからなんともなあ・・・

      削除
    5. それは、現実じゃもうこれしか無いって状況に追い込まれて初めて使うからジャネ?
      ルークのようにスナック感覚で使ったら、確実に破滅する。

      削除
    6. つか、この程度の規模の敵兵が国境に張り付いただけで焦土戦しかーとかやってたら、数回国境に兵を貼り付けられただけで皇国で人が住める所なんて無くなるだろ。
      皇国首脳陣の馬鹿さ加減を考えれば、寧ろ鬼畜戦術王ルークに乗っ取られた方が皇国民はまだマシ。

      削除
    7. >史実でも、焦土戦術使って勝った後に、その焦土戦術が原因で地位を負われた奴は居ないからなんともなあ・・・

      そりゃ焦土作戦なんて最早それしか手段が無いって段階で使うもんだからな
      その責任を問うなら「他の奴は何やってたの?」としかならん

      比べて、この作品はどうかね?

      削除
  6. 焦土戦術をとっても、数百万人を地獄に落としても、最終的に皇帝になった金髪の獅子さんが、小説界にいるから、(多分他にもいる)、この程度でも、非常事態が続いて、攻勢を止めなければ行けるんじゃない?

    返信削除
    返信
    1. 金髪の獅子さんが生きているうちはいいけど、
      死んだら民衆の不満が噴出するぞ。
      焦土戦術を取った地域をどう復興させるかで、
      あとに残されたヒルダさんが、頭を抱えそう。

      >読者が客観的に見ると、ルークが自作自演で大陸を荒廃させて、
      >その隙に支配側に回ったようにしか見えない描写でw

      それはラインハルトにも言えますw

      削除
    2. 流石のラインハルトも、自軍が相手の四倍居て地形などひっくるめて全てが有利な状況で、焦土戦の自作自演するほど馬鹿じゃあるまいよw

      同じ状況なら、「これで負ける方が難しい」とか面倒臭そうな顔で言いながら敵迎撃して仕事をこなしつつ、国家乗っ取りの次の機会を待つだろう。

      削除
    3. ラインハルトの場合は、難攻不落のイゼルローン落とされて辺境での防衛線構築が間に合わない状態かつ、国内に門閥貴族という敵がいる状態だったし
      しかもあの時点ではラインハルトはリップシュタットの頃と違って軍の全権掌握してるわけでも無かったしな

      削除
    4. ラインハルトぶっちゃけあの時点で辺境の支持は失っても良かったんじゃないのかな?
      具体的な数は知らないけど人口たいしたことなかっただろうし、帝国の市民は同盟市民より馬鹿だろうからマスコミをおさえとけば他に不満が伝染することもないだろうし

      削除
  7. この状態でも敵が来てくれるからマシなんであって
    旨み減ったし、補給辛いし帰ろってされたら
    自分達で国内荒らしただけの結果が残るん?

    まあ「その時不思議なご都合主義が起こって」敵の女将軍共が取り残されたり
    寝返ったり、捕まったりして話を聞いたら
    「キャ!素敵!私もあたなと共に戦うわ」とかなるんやろ?

    これ最後は独房で一人枯れていく
    ルークの「僕の考えた人生設計」って暗黒日記帳だったら笑えるw

    返信削除
    返信
    1. 戦争起こしながら、何の成果も得ず戦いもせずに撤退なんてのは現実には有り得ないな。

      敵が焦土戦術を使っているからまだ戦いは始まっていないけどもう負けたと未来を見ることが出来るような人間が将軍で、
      更にその将軍が味方の兵を無為に失うくらいなら自分が責任を取って地位を失ってもいいと考えるような聖人で
      更に更に部下の将軍たちは全てその成人に付き合って自分も処分を受けても良いと考えるような
      漫画のような軍隊ならそのまま撤退するかもしれないが。

      削除
    2. 砦でも作って領地確保じゃ駄目なのかな?
      たぶん勝ち取った戦果じゃないから駄目なんだろうけど

      削除
    3. 地形的には、唯一の侵攻路である山岳地帯を押さえたのは既に大戦果。
      これは、三国志で例えるなら、孔明が第一次北伐で長安から潼関までを押さえたに等しい戦果。
      以後、進行を考える度に一方的に攻めることが出来て、よしんば侵攻軍が負けても簡単に退却することが出来る。皇国へのゲリラ戦も恒久的にかけ放題。

      焦土と化した皇国を本当に進むにしても、山岳部に一部隊貼り付けておくだけで、よしんば二万の内一万五千失ったとしても勝ち戦。大戦果ですね。
      ましてシリルカでも描写されてたけど、慢性的な魔物の侵攻があるんだ。
      皇国へは想像を絶するプレッシャーをかけ続けることが出来るから、直ぐにでも貢がせ外交が出来るし、ここから皇国が10年かからず崩壊しても何の不思議も無い。

      つか、ルークと皇国上層部はマジで山岳部どうするのかね?
      進軍してきた連中倒せば、物理的に全ての敵が消えると考えてる臭くて、逆に怖いわ。

      削除
    4. 戦争起こしながら、何の成果も得ず戦いもせずに撤退なんてのは現実には有り得ないな。
       

      木村少将 キスカ島撤退作戦で1回、それやって偉いバッシングを受けた。

      削除
    5. ショーフク提督なんて現実に存在する漫画のキャラだからなー
      日本軍にもちゃんと人材は居た。居たけど使いこなせなかった。

      削除
    6. >戦争起こしながら、何の成果も得ず戦いもせずに撤退なんてのは現
      >実には有り得ないな。

      少なくとも中国だと日常茶飯事だったんじゃね?
      春秋から清末期まで見ても、軍を率いて出て行って、現地ついたら好き勝手に独自行動で戦いなんてしない将軍ゴロゴロ居るけど。
      やっても私闘で公金で私兵強化とかしてたし。

      削除
  8.  近代の軍隊は知らないけど、民衆とか「すぐ沸いてくる家畜」ぐらいの認識の権力者なら、勝ったと言う結果さえあれば、普通に褒められて終わりそうなイメージがある。
     古代中国でも、金かモンゴルだったか忘れたけど、攻められた際は、普通に「清野の策」を実行してた記憶があるし。

    返信削除
    返信
    1. 政治家、貴族にとって民衆は、言葉を話す家畜程度にしかおもってないから、権力維持や税収の面で、全滅とか大量死は困るけど、戦争に勝つため、多少死んでも問題は無いと思ってるのが本音。
       まあ、多少のレベルが為政者によりだいぶ違うけど。

      スターリン 兵隊は畑からとれる、銃は3人に一丁だ、前の奴が倒れたらそれを拾って撃て 逃げたら督戦隊が射殺  28000万人死亡

      ヒトラー  スターリンは不倶戴天の敵!死守せよ 900万人死亡

      日本    生きて虜囚の辱めを受けず! 350万人死亡

      中国国民党 ダムをぶっ壊したりして焦土作戦展開、督戦隊で味方を銃殺 2000万人死亡

      米国  やられたからやり返す! 戦いは、数と火力! 42万人死亡

      削除
    2. まさに鬼計・・・・・造反有理
      『強い者』が生き残るのではなく『適応性のある者』が生き残ると進化論でダ―ウイン先生も言ってる

      生き残る種とは、最も強いものではない。

      最も知的なものでもない。

      それは、変化に最も適応したものである。

      削除
    3. >28000万人死亡

      ちょっwwwソ連の死者数がえらいことになっとるw

      削除
  9. 軍事に全く疎い妹に敵と味方の数と山岳路だけ教えて
    自分ならどこで待ち受けるって聞いたら
    普通に山岳路の出口で待ち構えるって答えられたぞ、てか敵の方は主人公側より数少ないのわかってるんだから
    わざわざ砦まで攻めて来ないよねとまで言われた。

    返信削除
    返信
    1. これさ、絵で描くか実際似たような地形を示して言えば、どれだけルークと皇国首脳陣が馬鹿野郎なのか直ぐに理解できると思うんだよなw
      そのうち、殲滅陣の時みたいにまた設定が右往左往するんじゃね?w

      削除
    2. 作者の頭が包囲殲滅陣されてるともっぱらの噂

      削除
    3. 我々の業界では「ゆゆぽ脳」と呼ばれております

      削除
    4. うちの現場では、「おかゆ脳」って言う俗称を得ています。

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。