50話「ロリへの愛は世界を救うか?㉒~苦しみの魔王⑤~」

2 件のコメント :

公開日: 2017年3月15日水曜日 吸血姫はアホ可愛い 自作小説





ゆっくり次に進むよ!

吸血姫はアホ可愛い】 ☚纏めたページ



通常、魔法は――魔族相手には何の意味もない。
発動させるために詠唱する必要があるから、銃と違って速射性に劣るのだ。空間転移されたら、その時点で、ほとんどの魔法は効果を及ぼせなくなる。

「愚か者に終幕を……」

だが、この殺戮の魔王の力を使った魔法は、例外中の例外だ。空間転移で逃げる標的だろうと関係ない。
詠唱開始時点で、俺が視認できる範囲内に魔王はいた。奴が宇宙の果てに逃げても効果は及ぶ――理論上は。
だから、俺は最後まで詠唱を続ければいい。この異常でどういう運命を己に齎すのかも分からない魔法を唱え続ければいいのだ。

「家畜どもがぁぁぁぁぁー!僕の邪魔をするなぁぁぁぁぁ!」

苦しみの魔王が叫んだ。アメリカの軍人さん達は、半分ほどが魂を破壊され、無へと還っている。
その状況で魔王が発動した魔法は――精神破壊波の広範囲攻撃バージョンだ。魂を害する光が音もなく放たれ、広い地下室が真っ白に染まっていく。
米軍の兵士は、これで全滅した。間違いない。本来なら俺も死んでいたのだ。
今……俺の前に――白が立っている。小さな身体を大きく広げ、魔氷剣で大きな氷の盾を作り出し――魂の半分以上が損壊していた。
これでは助からない。魂をボロボロにされて辛いはずなのに、白は、振り返って俺に天使のような微笑みを見せてくる。

「お師様……僕の事……忘れないでくださいね……この悪党に……勝って……くだ……さい……」

言い終えると、魂が壊された白の肉体は床に倒れた。
俺はこの悲しみと怒りで、頭が壊れそうだ。もう、白が俺に甘えて、一緒に風呂に入ったり、ベッドの中で慰めてあげたり、そういう嬉し恥ずかしい時間を過ごす事はない。
そう思うと、大きな喪失感を感じて身体が重くなった。危うく詠唱をやめてしまいそうになるくらい、俺の精神が悲鳴をあげている。
だが、ここで詠唱をやめたら、彼女の死は意味がないものになってしまう。俺は死んだ白のために、最後の最後まで戦い抜く義務があるのだ。苦しみの魔王とかいう糞野郎をぶち殺してやらないと、白の死に俺は納得できない。そんな気がする。

「ブラドぉぉぉ!同化されろぉぉぉ!!僕の中で暴れるなぁぁぁぁぁ!お前の孫娘は死んだぞぉぉぉ!!諦めろぉぉぉぉ!心をへし折って食べてやるぅぅぅぅぅ!美味いぃぃぃぃぃ!お前の魂はうまいぃぃぃぃ!」

米軍は全滅したかのように見えた。だが、それは俺の錯覚だった。
精神破壊波(マインド・クラッシャー)の光を吸収できる黒い霧を出し、生き残った数人の兵士が銃撃と魔法を、魔王に浴びせている。
魔王は空間転移で逃げられない。ブラドさんが中で暴れている間は、魔力の盾を作って防御するしかないのだ。

「その呪文は……なんだっ!その異常な内容は!?あの方の力を引き出せる訳がないぃぃ!
宇宙そのものである化け物の力を使える訳がないぃぃぃぃ!家畜ごときがハッタリで僕をびびらせようたって、そうはいかないんだぁぁぁぁぁ!」

ここに来て、魔王は俺がどんな魔法を使うのか理解したようだ。
米軍兵士を放置して、先ほどの凶悪な光をまた放とうとしている。回避はできない。
発動と同時に、相手に当たる魔法だからだ。しかし、魔王の魔法が発動する直前――

「今すぐ死ねぇぇぇぇぇ!家畜がぁぁぁぁぁ!」

「精神破壊波(マインド・クラッシャー)!」

聞きなれた声とともに、破滅的な光が収束し、魔王の頭へと直撃した。魔王は苦しんで魔法の発動を中断する。
俺は視線を、声の方角へと向けると――そこには、ドナルド先輩がいた。魂に相当のダメージが入っているから、精神破壊波を発動させるリスクが大きいのに、俺を助けてくれたのである。

「どうだい?僕はヒーローのピンチに駆けつけるダークヒーローなのさ。格好いいだろ?」

今の先輩は最高に輝いていた。人生に疲れた顔が、いい感じに人間味を与えてくれる。
ここまで状況が悪化したのは、ドナルド先輩と俺がバトルして、時間を無駄に浪費したせいでもあるのだが、心強い味方だと思えた。
だが状況は悪い。苦しみの魔王が、最高のタイミングで魔法を妨害され続ける事に苛立ち、攻撃の優先目標を俺から――

「貴様ぁー!?裏切り者の分際でぇぇぇぇぇー!邪魔をするなぁぁぁぁぁ!」

「トモヤ君――」

先輩の魂が光の渦に飲み込まれて消し飛んだ。魔王が放つ光が直撃し、ガラスのように粉々に魂が砕け散っている。
先輩は最後の最後で、白が提案した正義の味方としての……活躍の仕方。それを俺に見せつけ、貴重な時間を稼ぎ、死んだ。
白もいない。先輩もいない。泣きたくなるくらい失ったものは大きい。

「呪文が完成したようだけどっ……!それがどうしたぁー!物質的な距離に縛られている貴様らが、僕を倒せる訳がないんだぁぁぁぁぁー!」

苦しみの魔王が俺にトドメを刺そうと、大量の破滅的な光を放とうする瞬間――俺の詠唱は終わった。ここに運命すら変える魔法が発動する。

「絶対殺戮権限(パーフェクト・ワールド)っ!食い散らかせぇー!名も知らぬ殺戮の魔王っー!」

魔王がその巨体を転移させ、どこかへと逃げる。
しかし、そんな方法では、この魔法の効果から逃げる事はできない。
世界がゆっくりと変容していく……。世界単位で影響を及ぼす大魔法が、世界を塗り潰し、そして――結果をもたらした。



(ノ゚ω゚)(ノ゚ω゚)皆、死んじゃった……?

(´・ω・`)主人公以外、主要キャラ全員死亡でござる。

(ノ゚ω゚)(ノ゚ω゚)ひでぇ!?



ゆっくり次に進むよ!

吸血姫はアホ可愛い】 ☚纏めたページ

2 件のコメント :

  1. ( ;∀;)最新コメントが完全に動かなくなっった……


    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)そんなー!?

    ( ;∀;)修正はゆっくり明日


    (ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)小説を書いている場合じゃない!?




    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)ゆっくり修正完了
      あと2話でおしまいだお。
      もふもふ・きつねっこぉを書けるお

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)


★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。