╰( ^o^)╮自作漫画/1~3コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

気に入った絵(m´・ω・`)m

台湾「日本人が600円の靴を万引きした!」

5 件のコメント :

公開日: 2016年5月7日土曜日 ニュース 事故/犯罪/汚職 台湾の歴史 平成の歴史








平成の歴史+日本の歴史】☚まとめたページ
日本ジャンルの総合ページ  日本経済  ●世界経済(労働問題)  企業
台湾「日本人が600円の靴を万引きした!」
2016
5/4

(´・ω・ `) 解説 (´・ω・ `) 



台湾(´・ω・ `) 日本人が万引きよー!
珍しいニュースよー!




この女性は1日から6日間の予定で台湾を訪れ、この日、士林夜市でショッピングをしていたそうです。この女性は190元(約600円)の靴を万引きしたようです。
     

ユリアン(´・ω・ `)たかが万引きが大ニュースになる件

ヤン(´・ω・`)……そ、それだけ、日本人は信用されていたという事さ。ワンチャンスだよ、ワンチャンス。
それに、万引きって言葉で誤魔化されているけど、『窃盗』だろ、これ




メルカッツ (´・ω・`)(恐らく、台湾の中国側の勢力が、日本と台湾を分断するために、小さな犯罪を大々的に報道しているだけのような気がするな……
あの国、国民党のせいで、アイデンティーが分裂して纏まる難易度が少し高い国だろう?)





(´・ω・ `) ソース  (´・ω・ `)

台湾に観光に訪れた観光客が士林夜市で万引きをしたと台湾メディアが大々的に報じています。
ゴールデンウィークで台湾を訪れている日本人が急増しているこの時期…。
昨日(2日)、午後7時くらいに台北最大の夜市、士林夜市で日本国籍の43歳の女性が靴を万引きしたと複数の台湾メディアが報じています。
この女性は1日から6日間の予定で台湾を訪れ、この日、士林夜市でショッピングをしていたそうです。この女性は190元(約600円)の靴を万引きしたようです。
お店の店員の話によると、監視カメラの映像でこの女性が万引きをした事に気付いて、その後注意深く店の外を見ていると、一度お店から離れたこの女性が店の前を通りかかったため、取り押さえたという事です。彼女のカバンの中からは店からなくなった靴が出てきたそうです…。




迷探偵パルメ (´・ω・`)わざわざ海外旅行して、万引きしちゃった件


パルエモン (´・ω・`)きっとあれだよ。
人間って年齢を取りすぎると、ついつい衝動的に物を盗ってしまう人間っているだろう?

5 件のコメント :

  1. この手のニュースで万引きって言うのやめねぇかな?せめて万引き(窃盗)って
    つけてくれ、万引きって言葉が罪が軽く思われる原因だと個人的に思う。

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)い、一度、社会に定着しちゃった言葉だから、言葉狩りしないと難しいお

      削除
  2. これ放送してた特派員?が中国に対して謝れてきな事言ってたの見て
    なんか胡散臭さを感じたけどな
    丁度馬が尖閣に台湾船派遣してた時に起こってるし
    日台離間工作の一環かとか思ったしな
    なんにしろGWに台湾行く奴が600円の商品万引きとか胡散臭すぎて
    帰化若しくは在日中国人による計略疑うレベル
    中国って昔からそういうことばっかしてるからな

    返信削除
    返信
    1. 日本人が盗まなければそもそも報道されないのに見苦しい

      削除
    2. その日本人が胡散臭いからいい加減人権()とか言う区切りで犯罪者を飼う社会をどうにかしたいものだわ

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。