╰( ^o^)╮自作漫画/1~3コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

気に入った絵(m´・ω・`)m

3章  1話 メフメト2世「我のターン!20万の軍勢で進撃!」

5 件のコメント :

公開日: 2015年5月11日月曜日 TS ナポレオン帝国の野望 自作小説






前にゆっくり戻るよ ゆっくり次に進むよ!
三章 オスマン・トルコ帝国の野望
ナポレオン帝国の野望】☚まとめたページ

オスマン帝国の歴代スルタン紹介
---------------
●初代 オスマン(在位1299~1324年)
故郷ソウトを中心に領土を切り取って、オスマントルコ帝国の基礎を作った建国王

●二代目 オルハン(在位1324~1360年)
帝国を組織として確立した人。人望がとっても豊かな名君。

●三代目 ムラト1世(在位1360~1389年)
キリスト教徒を改宗して作る最強奴隷軍団イェニチェリ軍団作ったスルタン(という説がある)。つまり、軍事力による帝国の拡大に多大な貢献をしている。
この頃から国力に物を言わせて中世の時代なのに大規模火力戦やって軍事チートしてた。

●四代目 バヤジット(在位1389~1402年)
軍事の天才。この人が行った税制のおかげで、帝国は豊かな財政を保って軍事チート。

●五代目 メフメト1世(在位1413~1421年)
優れた政治家。アナトリアを併合して、多くのトルコ民族系の氏族を取り込んだ事から、オスマントルコ帝国の第2の創始者と言われている。

●六代目 ムラト2世(在位1421~44年、1446~1451年)
多くの人の信頼を集めて30年間もスルタンやっていた名君。
何度も退位や即位を繰り返しているのは神秘主義に嵌って「アッラーと合体してくる!だからスルタンやめる!12歳の息子をスルタンにするわ!大宰相あとは任せた!」

●七代目 メフメト2世(在位1444~46年、1451~81年
取り憑かれたかのように、ひたすら征服活動に従事して戦争しまくった戦争狂い。オスマン・トルコ帝国を更に拡大させる基盤を作った征服王。
三度も即位しているのは危機的な状況に陥る度に、大宰相ハリル・パシャの力で退位させられたから。


という経緯があるから、メフメト2世の不興を買って粛清されたんです。私。

by 史実の大宰相ハリル・パシャ
----------------

〈都市スエズの領主館〉
【エミール視点】

発電所へのテロ攻撃が起きてから、領主館はオスマン・トルコ帝国によるテロ攻撃への対処で忙しい日々が続きました。
彼らのやり方がとっても悪質なんです。
僕とマスターが平日にゆっくり一緒に寛ぐ時間すらなくなるくらいに、辺境伯領中で破壊工作やりまくって最悪なんです!
一部を思い出すだけでも絶対に許せません!
皆の努力を台無しにする卑劣な行いの数々に、僕は遺憾の意を表明したいと思います!


オークヾ(;゚(OO)゚)ノ 電車の線路を破壊してみた!

電車(´・ω・`)線路が壊れたから脱線事故が起きたーいやぁー、数百人死んだー。
でも蘇生魔法あるから死者ゼロ。




オークヾ(;゚(OO)゚)ノ 可愛い獣娘を拉致って海外の奴隷売買組織に売り払った!大金を大儲け!獣娘(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)いやぁーらめぇーらめぇなのぉービクンビクン……!悔しい……っ!
オークヾ(;゚(OO)゚)ノ 商店で集団強盗!


商店(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)そんなー


オークヾ(;゚(OO)゚)ノ 飛行船を奪うために飛行場を襲撃!

警備員
(´・ω・`)返討ち!


オークヾ(;゚(OO)゚)ノそんなー

許せない事ばっかりやるんです。
なんとか軍隊・警察・冒険者達を動員して鎮圧して、今は落ち着ける時間を取れるようになりましたけど、このまま次々と新しい破壊工作員を派遣されたら、辺境伯領の治安が崩壊したり、無関係のオーク達が迫害されて酷い事になっちゃいます。
特に海外に売り払われた獣娘達は取り返しが付きません。
今頃、売られた先でどんな酷い目に遭っているのか、それを想像するだけでメフメト2世を殺したくなる気分です。
領主補佐のタヌキモンさんなんか、青い顔を真っ赤にさせて、とっても怒ってました。
マスターの執務室に入って、オスマン・トルコ帝国への制裁案を書いた書類を出しちゃうくらいに、もう激怒して狸頭が真っ赤かです。
スーパーアイドルのニャンコ・ノ・ルナさんが危うく誘拐されそうになった事件が発生した時から冷静さを失ってます。
『恋人が誘拐されそうになったら誰でも怒るじゃろうなぁ by 電波神』

「閣下!
オスマン帝国への制裁案を考えました!
これを見てください!!」

タヌキモンの丸い手から渡された書類をマスターが見ました。
僕も隣から、こっそり書類の内容を見てみると、そこには要約するとこんな事が書いてます。
----------------------------
●スーパーダラー作戦

オスマン帝国の通貨を質を落として大量に生産して、市場にばら撒く作戦

目的
①オスマン帝国の通貨の価値を下落させて経済そのものを破壊する。
②軍隊を動かすのに膨大な金が必要だから、オスマン帝国軍が大軍を動員できなくなる。
③辺境伯領の大きな取引相手は、ヨーロッパとアメリカ、チンギス帝国、ロシアが他にいるから、オスマン帝国の経済を潰しても問題にならない。
④最終的にミーニャン紙幣を流通させて、オスマン帝国の経済を支配して言うことを聞かせる。
----------------------------

とてもエグい作戦です。
こんな作戦を国家戦略として考えるタヌキモンさん、犯罪者すぎます。
マスターは狐耳を垂らしながら、書類読んで悩んでいました。
3分ほどマスターが「うーん、うーん、どうしよう」という独り言を言った後、書類から目を離して、タヌキモンさんの目を見つめて質問しました。

「タヌキモン、贋金作りを国家がやって本当に良いの?
倫理的に駄目だと思うよ?」

「いいえ、大丈夫です、閣下。
かつての地球でも国家ぐるみで贋金を作る国々がありました。
ナチスドイツ(行おうとした)、北朝鮮、フランク王国、贋金を作って儲けると同時に敵国の経済を混乱させる犯罪戦術を取っていました。
歴史的に見ても贋金が大量に氾濫すれば、民衆は統治機構を信用しなくなる事は必然、そのままオスマン帝国を滅亡へと導く事も可能なはずです」

「あの、フランク王国の事は知らないけど、ナチスドイツも北朝鮮も悪評だらけの酷い国だよね?
なら、止めた方がいいんじゃないの?
辺境伯領が築いてきた信用が落ちちゃうよ?」

「大丈夫です。
秘密裏にやれば問題ありません。
私達が贋金を作っているという証拠が見つからない限り大丈夫です」

タヌキモンさんがとっても自信満々でエグい発言してます。
個人でやったら犯罪でも、、国がやれば贋金作りも許されちゃうって怖いですよね。
辺境伯領では、ミーニャン紙幣の贋金を作ったら、平民なら死刑、冒険者なら最低罰金額10兆ミーニャンの罰が課されます。
マスターは困ったような顔で、タヌキモンさんとやり取りを繰り返しました。

「でも、私なら贋金が市場に大量に氾濫したら、偽造しにくい新紙幣作って対処するよ?
オスマン帝国も同じ手に出るんじゃないかな?」

「確かにこの作戦で大量に贋金を作れば、オスマン帝国は通貨を新しく発行して対処するでしょうな。
ですが、私達も新通貨を新しく偽造して大量に発行すれば、問題ありません。
日本の通貨の歴史と同様、オスマン帝国は貨幣経済から物品貨幣経済へと逆戻りする事間違いなしです」

この話を理解できなかったマスターが首を傾げました。
タヌキモンさんは、部屋の掲示板にチョークで図を描いて、素人でも理解できるような説明をしてくれます。
----------------------------------------
8世紀の日本(´・ω・`)銅貨で貨幣作ったー。日本初の通貨『和同開珎』!
これを米と交換しろよ!

職人(´・ω・`)(´・ω・`)『和同開珎』の贋金大量に作ったー 量産するの楽勝ー

民間(´・ω・`)市場が贋金だらけ!
銅貨と米を交換するのやだ!

8世紀の日本(´・ω・`)そんなー 銅貨を大量に作っても信用されないから銅貨が市場に流通しないー。
それ以前に原料になる銅が不足しているから、たくさん銅貨を作ろうとしたら本物の銅貨の品質を落とさないと作れないー。
新通貨発行しても、贋金を作られちゃうー。

11世紀の日本(´・ω・`)絹を貨幣代わりにして物々交換経済へ逆戻り!
そうだ!北宋・南宋の貨幣(宋銭)や、明の貨幣(永樂通寳)を輸入してそれを使おう!
----------------------------------------
マスターが居た異世界の日本ってそんな歴史があったんですね。
タヌキモンさんがオスマン帝国もきっとこうなると自慢気なドヤ顔をマスターに向けています。

「閣下、贋金をばら蒔けば、貴重な時間を稼げます。
時間があれば、きっとオスマン帝国を余裕を持って倒せる国力を辺境伯領は持てるはずです。
時間があれば、アメリカ大陸での戦いも終結してフランス大陸軍の大規模な協力も望めます。
目的のために手段を選んではいけません。
マキャベリが書いた君主論もそう言ってます」

「でも、贋金作りをやっちゃう国を、ナポレオン陛下や商人達は信用してくれるかな?
信用を失ったら、金を貸してくれる商人が居なくなるよ?
……だから、タヌキモン、手段は選んだ方が良いと思うの」

「先ほど言いましたが、贋金を作ったという証拠を残さなければ何も問題ありません。
オスマン帝国に時間を許せば、圧倒的な大軍で侵略されて、辺境伯領はおしまいです。
我が方には飛行船とレールガンがありますが、レベルとスキルという予想外の要素がこれらを覆す可能性があるから安心できません。
どうか、再考をお願いします、閣下。
今なら、今なら、戦争せずにオスマン帝国に圧勝する可能性があるのです!」

マスターは狐耳を垂らしたまま、必死に自分の意見を押し通そうとするタヌキモンさんへの返答に困りました。
領主として酷い事を1つもやったことがないから、マスターはこういう非情な決断ができない人なんです。
これが、恐らくナポレオン陛下と、マスターとの差なんだと思います。
ナポレオン陛下なら躊躇いません。
ナポレオン陛下は反乱を鎮圧するために、首都にいる市民ごと、大被害を齎す榴弾で攻撃した人です。
それに反して、マスターは……今までモンスターどころか、動物1匹殺さずに生きてきた優しい世界の住人なんです。
優しすぎる。
現実は非情な事ができない人間には厳しい。
ああ、7年前のあの日、僕が代わりに辺境伯の地位についていたら、マスターはこんな厳しい決断を強いられずに済んだのに酷いです。神様。

『モッフフー!』

机の上に備え付けられた電話が突然鳴りました。
マスターの音声が登録されているから、とっても癒されます。
この音声が辺境伯領の電話の人気着メロなんです。
マスターはタヌキモンと会話するのを一時中断して、受話器を取って狐耳に当て、呑気な口調で

「もしもし、こちらはミーニャン辺境伯です。
どちら様ですか?」

『こちらはミーニャン空軍のルーデル大佐であります!
辺境伯様!大変です!
イラク国境を空から望遠鏡で監視していたら、オスマン帝国軍が動きを見せました!
奴らが掲げている軍旗は鍋!戦鍋旗!頭には細長いフェルト帽!
20万人も居そうなイェニチェリ軍団です!
国境へと向けてゆっくりと縦隊を組んで動いています!
このままだと、住民の避難が間に合いません!
爆撃の許可をお願いします!』

「うん、わかったイニチェリ軍団を爆撃してね。ルーデル大佐。
仕事大変だね、ご苦労様」

『イエッサー!マム!
氷属性魔法で爆撃の許可が出たぞ!!
楽しい楽しい戦争の始まりだぁー!』

マスターは受話器を元の場所にガチャンッと戻して、タヌキモンの顔を見ながら、照れくさそうに

「戦争始まったみたい。
贋金作りよりも、低金利の戦時国債の発行、各国への要人に払う賄賂、レールガンの砲身や弾頭作る方に予算割いた方が良いと私は思うよ。
軍隊の事はよく分からないから、タヌキモン。
指揮お願い出来るかな?」

綺麗な美しい笑顔でしたがとっても怖い笑顔でした。
マスター、ゆっくりモッフモフできる時間が、連日続くテロ攻撃への対処で無くなっていたから、怒ってたの忘れてました。
普段、優しい人が怒ると怖いって奴です。
とうとう血まみれの征服王メフメト2世と戦う日がやってきてしまいました。
負ければ全ておしまいです。
僕とマスターが平和に過ごせる日を守るためにも、獣人の幸福のためにも、絶対に勝たないといけません!
空軍のルーデル大佐さん頑張ってください!








〈オスマン帝国首都バグダット、大宮殿〉
【メフメト2世視点】


我は偉大なるトルコの征服王メフメト2世である。
どうやって国民皆兵の新設軍隊『ムハンマド常勝軍』を作り上げ、ヨーロッパ帝国に勝利するか?を考えたら……腐ったイェニチェリ軍団をミーニャン辺境伯領に攻め込めませて占領して、技術と富を吸い上げると同時に、イェリチェリ軍団の頭数を減らす事が最良だと我は考えた。
国民皆兵(愛国心による強制徴兵)の軍隊を作ろうとすると、イェニチェリ軍団の利権とぶつかってしまうから先にイェニチェリ軍団を消耗させてからでないと、政策が進まないのだ。
幸い、ナポレオンのフランス大陸軍は大英帝国相手に戦争をしている真っ最中。
遠いアラブの地に派遣できる軍勢の数には限りがあるはずだ。
補給線もオスマン帝国の方が遥かに短くなるから勝利を得るのは容易のはず。
軍隊は無数の物を消費し、現地調達+後方から次々と物資を運ばないと戦わずに餓えて死ぬのが軍事学上の常識だ。
フランスから大軍を連れてエジプトの地に行くには、船以外の手段だと少なくとも3000kmの距離を移動しないといけない。
それに対し、オスマン帝国からエジプトまでの距離は500kmそこらだ。
補給線の長さに6倍の差がある。
……ふ、これは勝ったな。
戦場はイスラム教徒が多数いるエジプトの地。
キリスト教徒の軍勢は、現地調達に悩むはずだ。
そして、ミーニャン辺境伯は美しい狐娘と聞く。
楽しみだ。美しい女を後宮に入れてコレクションするのは我の贅沢の1つだ。

「スルタンっー!なんで戦争を初めてしまったのですかー!
今すぐ軍勢を引き返させるのですー!」

庭園で考え事をしていたら、小さなエルフ娘、大宰相ハリルがやってきた。
相変わらず、エルフ耳をピョコピョコ動かしている。
うむ、思えばこやつも失礼な奴だ。
ベットに夜伽しに来いと言ったら拒否するし、スルタンの権威を明らかに軽んじている素振りを見せている。
イェニチェリ軍団を壊滅させた暁には、大宰相の地位を剥奪して後宮に入れてやる。
女は女らしく、子育てや料理でもしていれば良いのだ。
それが正しきイスラームの社会である。
大宰相ハリルは時間をかけて庭園の木々を迂回し、疲れて息をハァハァさせながら我の目の前にやってくるとこう言った。

「スルタンー!
聞いているのですかー!」

「うむ、我は偉大なるスルタンである。
聞いておるぞ、大宰相ハリル」

「今すぐ、伝令を出してイェニチェリ軍団を撤兵させて欲しいのです!
このままじゃフランス大陸軍のトルコ方面軍とも戦争になってしまうのですよ!?」

「それは出来ぬ。
今しか勝機がないのだ」

「勝機?」 

大宰相ハリルが可愛らしく疑問の声を上げた。
ターバンが頭からズレ落ちて、その姿に子供らしさが溢れ出ていて癒される。

「オスマン・トルコ帝国が生き残るには、今、辺境伯領を攻め落とす以外に道はないのだ。
時間を置けば不利になるのは我らの方ぞ?
辺境伯領の驚異的な発展速度、空飛ぶ船。
大日本帝国と戦争中のチンギス帝国(モンゴル帝国)。
大英帝国と戦争中のヨーロッパ帝国。
今ならそれらの大国からの妨害を最小限にして、大軍をミーニャン辺境伯領に差し向けて占領する事が可能なのだ。
それは大宰相も分かっているであろう?」

「えと、確かにそうなのですけど……ミーニャン辺境伯領と戦って敗れたら、オスマン帝国は軍事改革をやる前にフランス大陸軍と戦争になるのですよ?」

「イェニチェリ軍団が敗れたら敗れたら、それで構わぬ。
全階層から強制的に徴兵する国民皆兵制度を実現する前提条件は、妨害してくるイェニチェリ軍団を壊滅させる事である。
今のまま強引に軍事改革を進めれば、新設軍団〈ムハンマド常勝軍〉を作って戦力として運用する前に、我の首が奴らの手で切断される方が先であろう?」

「あの、イェニチェリ軍団が致命的な大損害受けたら、チンギス帝国が休戦条約破って攻め込んできませんか?
この地域のパワーバランスを完全崩壊させるのは駄目だと思うのです」

「その時はその時だ。
時間を置けば、どちらにしろチンギス帝国もナポレオンのヨーロッパ帝国もこの地へと攻め込んでくる。
だが、ミーニャン辺境伯領を手中に治めれば、空飛ぶ船を始めとした驚異的な技術が手に入り、オスマン帝国の国力は著しく増大する事になるであろう。
だから、今、攻めるのだ。
今しか勝機はない。
オスマン帝国の荒廃はこの一戦にあるのだ」

我がそう言うと、大宰相ハリルは感動して涙を流して抱きついてきた。
なんて馴れ馴れしいエルフ娘。

「さすが、スルタンなのです!
スルタンは小さい頃は頼りにならない奴だと思ったのですけど、まるでバヤジット1世みたいな凄い男に成長して私は安心したのです!」

バヤジット1世(在位1389~1402)はオスマン帝国の財政を豊かに保つ事に成功した4代目のスルタンだ。(メフメト2世は7代目)
軍事の天才で迅速に行動して帝国を勝利に導いた事から、イルドリム(電光)と呼ばれている。
この男がオスマン帝国の財政基礎を作り上げたからこそ、前の世界で我はずっと戦争をやり続けて、広大な版図を征服する事が出来たのだ。
……こうして見ると、前の世界の我は恵まれて居たのだな。
父ムライ2世に溺愛され、夜のベットの上で奴隷の美少年達とおホモ達。
後宮には美女がたくさん居てハーレム。
イェニチェリ軍団は腐ってなくて、スルタンに絶対の忠誠を誓う勇猛果敢な奴隷兵士軍団。
オスマン帝国の圧倒的な軍事力に対抗できる国がヨーロッパになくて楽だった。
今では前の世界の出来事を全て遥か遠くに置き去った思い出のように感じる。
我は尊敬していたアレクサンドロス大王のように偉大な偉人として世界史に名前を残す事が出来たのだろうか?
30年の時を費やして成し遂げた征服活動を、後世の歴史家はどのように判断したのだろうか?

『オスマン帝国は北アフリカ、アラビア半島、東南ヨーロッパなどを支配して624年も栄えた大帝国という事で有名らしいんじゃよ。
憎いのう憎いのう。きっと、わっちより有名じゃ。 by電波神』

時折、こうやって考え事をしている時、聞こえる謎の少女の声は一体……まさか偉大なるアッラー!?
アッラーとは無から生まれた絶対固有の唯一神。
何処にでも居て、何処にもいない。
全知全能であり、全てを超越する存在であり、眼がなくても見ることができ、耳がなくても音を聞くことができ、口がなくても語りかけてくる意思だけの存在なのだ。
偉大なるアッラー!
我は今日も大勢の異教徒を殺し!奴隷にして参ります!
アッラーの他に神はなし!

『酷いのぅ酷いのぅ。
わっちの存在全否定のセリフじゃよ。
悔しいのぅ悔しいのぅ。
なんでみんなはアッラー大好きなのかの?
ちょっと放送番組の電波ジャックして、ミーニャン辺境伯領で歌を歌ってくるんじゃよ。
カラオケは人類最高の文化じゃな。
楽器がなくても、機械から音楽が流れてきて歌えるから好きじゃよ。 by 電波神』

なんだ、ただの異教の神か。
偉大なるアッラーだと期待したら、我は損をした。
きっと、アッラーは我を暖かく見守って下さるのだろう。
イースラムの教えの興亡はこの一戦にあり!
アッラーよ!我にご加護を与えたまえ!

『ゆーゆーゆーゆぅーゆぅーゆぅーゆっくりー。
ゆぅーゆーゆーゆっくりー。
ゆーゆーゆー。
ああ、癒されるのぅ。歌は心のオアシスなんじゃよ。 by電波神』





ボツネタ

贋金ってなーに?

お金を産む現代の錬金術(偽物のお金)さ。
俺、世界各国の贋金大量に作って大儲けしてるって言いたいけど、犯罪組織と手を組んで、資金洗浄しないと利益にならないから、使うのに滅茶苦茶労力がいるわ、現代の紙幣をコピーするのにも莫大な労力と資金が必要だから辛い。
贋金作りは本当、楽じゃないぜ、フッハハっー!

by 北朝鮮


【フランスの歴史】 ナポレオン「アスターテ会戦の元ネタが、ガルダ湖畔の戦いな件 6万VSフランス軍3万 」
http://suliruku.blogspot.jp/2015/04/6vs3.html
百貨店(大きな建物に複数の店舗)を作って商売チート ●西暦19世紀
http://suliruku.blogspot.jp/2015/05/9.html
ホモだらけのアッー!な軍隊作って結束力を高めて軍事チート
http://suliruku.blogspot.jp/2015/04/blog-post_28.html



前にゆっくり戻るよ ゆっくり次に進むよ!
三章 オスマン・トルコ帝国の野望
ナポレオン帝国の野望】☚まとめたページ


5 件のコメント :

  1. (´・ω・`)やっとオスマントルコ戦

    返信削除
  2. 偽札の極地…パルメ札に手を出すとは……。
    ゆんやー王朝を破滅させ、パルメオンの資金源となり、世界恐慌の引き金にもなった伝説の偽札……。

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)カリオストロのゴート札みたいに、大儲けしたいです、安西先生

      削除
  3. ルーデルさんはあくまでパチもんですよね?
    まさか本人様来てませんよね?

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)本物を使わないと意味ないじゃないですかー

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。