╰( ^o^)╮自作漫画/1~3コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

気に入った絵(m´・ω・`)m

マキシム機関銃を製造して軍事チート(世界初の全自動機関銃、ひき金を引くだけで次々と弾丸を連射できる)

7 件のコメント :

公開日: 2015年4月4日土曜日 アメリカ合衆国の歴史 管理人の文章 統治・内政物のテンプレ 兵器




内政物のテンプレ】☚まとめたページ
~第一次世界大戦 ~

開発者マキシム(´・ω・`)戦場でも整備しやすいように構造を単純化した。

イギリス軍(´・ω・`)毎分500発のヴィッカース・マキシム重機関銃を使って戦争やるでー!
重機関銃10丁で、1800メートル離れたドイツ軍へと向けて乱射!
12時間撃ちまくって、合計100万発の弾丸をお前らにプレゼント!

ドイツ軍
(´・ω・`)こっちも帝国造兵廠に重機関銃作らせた。
お前らに向けて重機関銃乱射!
イギリス軍(´・ω・`)うわああああああ!!!!!!
こっちの方が被害が多い!!!!

ドイツ軍
(´・ω・`)機関銃使うせいで、戦争での死傷者増えすぎて笑えない・・・・地獄の第一次世界大戦になってもうた。
しかも、お互いに防御陣地作りすぎて膠着状態・・・・うわぁ。
イギリス軍(´・ω・`)機関銃を防御できる戦車作った!防御陣地蹂躙!
ドイツ軍(´・ω・`)☚敗戦


ジャンル別 世界の兵器・軍隊 軍事チート  アメリカ

マキシム機関銃を製造して軍事チート(世界初の全自動機関銃、ひき金を引くだけで次々と弾丸を連射できる)
  2015/3/25

●マキシム機関銃(重機関銃)  発明者:ハイラム・マキシム

諸元
重量 27.2 kg
全長 107.9cm
銃身 67.3cm
要員数 4人
弾丸 .303ブリティッシュ弾
作動方式 ショートリコイル
発射速度 毎分500発
初速 744 m/s
装填方式 250発の帆布製のベルト給弾


:ハイラム・マキシム(´・ω・`)1人分間に600発発射できる。つまり当時の基準で考えるとベテランライフル兵40人分の火力を持っているという事になる。

ユリアン(´・ω・`)提督、最近ここで紹介する武器が、短時間で膨大な銃弾を乱射できる兵器ばっかりなんですけど・・・とりあえず大量の弾丸を敵軍向けて叩き込めば良いっていう発想が最強なんですよね?

ヤン(´・ω・`)ああ、そうだよ。
機関銃があれば、1人で数十人分のベテラン兵と同じ活躍が出来るからね。
マキシム機関銃は戦闘の性質そのものを変化させ、世界史を変えたチート武器なのさ。
この武器なら、機関銃の引き金を引くだけで弾丸を自動装填して乱射できて楽なんだ。
ただし、速射は銃身を加熱して変形・破裂させるから、約750発ごとに銃身を交換する必要があったんだよ。

ユリアン(´・ω・`)……銀河英雄伝説のヤン提督って、兵器マニアだったかな・・・・?
この提督おかしい・・・・


ヤン(´・ω・`)あとはまぁ・・・大量の銃弾使うから、産業革命イベント必須だね。


銀河英雄伝説のキャラ☝





(´・ω・`)少数で大軍を撃破できる武器だから、オリ主様のチート内政向けの武器だと思うんじゃよ。


一丁だけで多数の敵兵をなぎ倒せる、弾丸を連続発射できる銃の戦場における有用性は明白であり、多くの発明家が設計に取り組み、そのいくつかは実用化された。本銃の登場以前には、手回し式のクランクハンドルや多銃身を使用したガトリング砲やガードナー機関銃(en)があった。しかしマキシム機関銃は空薬莢の排出と次弾装填に射撃時の反動を利用する、完全に人力を要しない作動機構で作られたはじめての自動銃で、以前のあらゆる連続発射方式を一掃した。
現代の機関銃と比較すると、マキシム機関銃は重く、かさばり、扱いにくい。水冷式で冷却水はすぐ蒸発するため連続使用にはコンスタントな水の補給のほか、数百発ごとに必要となる交換銃身、そしてむろん銃弾の補給が欠かせず、運用や移動に数名の人員が必要だった。そのためこの機関銃は通常、数名からなる機関銃分隊によって運用された。しかしマキシム機関銃は試験で毎分600発を射撃できることを示し、これは、同時代における後装式のボルトアクションライフル約30挺の火力に匹敵した。最初の現代的な機関銃であり、以後の戦場に革命をもたらした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/マキシム機関銃

第一次世界大戦(1914年から1918年)

 赤軍兵士とマキシム機関銃。
第一次世界大戦により、大多数の軍は改良型の機関銃へ移行した。イギリスのヴィッカース重機関銃は、改良され再設計されたマキシム機関銃だった。これはイギリス陸軍に1912年にもたらされ、1968年まで運用された。生産拠点はケント州のクレイフォードが占め、少数の機関銃は、そこで製作された初期の複葉機にも搭載された。ドイツ陸軍のMG08重機関銃およびロシア陸軍のPM1910重機関銃もまた、マキシム機関銃の多少の直接的な影響を受けている。
マキシム機関銃はまた、ロシア内戦のあいだに投入され、これは1917年に起こったロシア革命へと続いた。当時の絵画には、後方から迫ろうとする白軍の連隊に発砲するタチャンカ(機関銃と銃手を馬車に乗せ、馬で牽引したもの)とマキシム機関銃を描いたものがある。少数のプロパガンダ用の、社会主義リアリズムの芸術では機関銃に配置された人員にレーニンさえも主演させている。しかし実際に彼がそうしたかについて、これはきわめて非現実的である。無政府主義者は、この牽引型機関銃をネストル・マフノの作であるとしている。

7 件のコメント :

  1. アメリカ人(´・ω・`)儲ける方法教えてやんよ。
    ヨーロッパ人がいとも容易く殺しあえる何かを作ればええんだよ

    1883年のマキシム(´・ω・`)よしわかった。反動力(弾丸を発射した時の力)利用して、尾栓を開いて空の薬莢を排出して、新しい弾を装填する完全自動銃作った!

    ヨーロッパ諸国(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)購入する!素晴らしい武器!

    イギリス(´・ω・`)素晴らしい!ナイトの爵位あげるわ!

    返信削除
  2. ww1のイギリスの戦車はドイツに与えたインパクトこそすごかったけど、実際の戦果は微妙というか全体からすると微々たるものだったとか(亀の子になったり一酸化炭素中毒で乗員が死んだり小銃でやられたり)。

    イギリスの兵器らしくその独創性と後世への影響力はすごくてもあまり活躍しないという結果だったようだね。

    機関銃を大量配備した塹壕をちゃんと作った陣地を攻めることがどれだけ自軍にダメージをあたえるかってのは日露戦争ではっきり証明されてドイツフランスイギリス軍もちゃんと観戦してたのに、ww1で同じ轍を踏んでるんだよね。

    戦訓が生かされるかどうかは結構運があるね。

    返信削除
    返信
    1. ドイツ(´・ω・`)大規模な戦車部隊作った!
      ロシア(´・ω・`)俺も作った!

      他の国々(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)戦車部隊縮小・消滅させた。いらんやろ。

      ドイツ(´・ω・`)戦車部隊で第二次世界大戦で無双!

      他の国々(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)やられたー

      ドイツ(´・ω・`)(大規模な戦車部隊持ってるロシアが驚異だから、ロシアもぶっ殺そう)

      (´・ω・`)

      削除
    2. 第二次大戦初期のファニーウォーとかが8ヶ月以上もあったりと西部戦線は不思議な地域ですね。
      戦争しまくってたフランスは、ぶどう酒や食料とかの地下貯蔵庫だらけで羨ましい。

      削除
    3. ソンムの戦いまでは馬が活躍してたらしいね。イギリス全土から馬をかき集めたってのを聞いたことがある。
      戦車が活躍するには、傾斜装甲の発明がされて必要な金属を減らしてからだよね。
      あとはサスペンションの改良とかエンジンとかか

      削除
    4. WW1のイギリスは戦車を数が揃うまで使うなと言っていたのに、現場がさっさと使っちゃったからなあ。

      削除
  3. そういや.303ブリティッシュ弾を使用してる見たいだけど、wikiみると、.303ブリティッシュ弾の開発以前から使われてるみたい。
    初期は何弾使ってたんだろ。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。