【進撃の巨人】 進撃の美少年クラブ  クロス美少女クラブ(作・赤月みゅうと)』×『進撃の巨人(作・諫山創)』 【2章 美少年クラブ】

0 件のコメント :

公開日: 2015年1月20日火曜日 ネット小説 進撃の巨人 美少女クラブ

【進撃の巨人☚まとめたページ

前の章
次の章


                       /        _,
               ,イ /{-―――=≦/
               ,イ //´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`: 、
            i:il/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ー―ィ
          _{/i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i<
        / ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
          /i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:、-` え?男たちの肉便器になれ?
            /:i:i:i:i:i:/{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}` ふざけんな!
        イi:i/:i:i:/ V\i:i:i:i:i∨:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:N
           |:/ |i:〈  Ⅴ '\:i:i:i∨i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:N
          {/ {ミ   __x≦_ヾ}V:i|ヽ:i:γ⌒Y:i:i:i{、 ___
               杙} ´¨代ソ ノ V| V/イ´/i:i:i:i:i}:ト、: : :ヽ          . -――――-. .
             l/     - ´  ゙i|  ' r' /i:i:i:i:/: : : ヽ__: :}     _ . . イ-――-. 、 : : : : : :\
            ゝ             , - ' }从:/.: : : : :i: : \ー: : _: : : ´: : : : : : : : : : \ : : : : : :ヽ
                ∧r__‐-_、     / ,   ,/.: : : : :/―‐、 \__ : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : : :.
                  ` …┘   イ l:   /: : : : : /:(__): : :>、:`: -.、 : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : :.
                  ` -― ´{ /  l: / : : : : : :/\: : /: : : >、: :\_ .: : : : : : : : : : : : ハ : : : : |
                ヽ:.:.:ハ ヽ  く ̄\.: : :./: : : `く: : : /: : :>―=ミ!: : : : : : : : : : :/ : l: : : : :|
               r‐ ': /! ヽ r―ヽ: : :\/: : : : : : :`ー'\/: :/{{ヽ: V:.: : : : : : : :./ : : l: : : : :|
               l: : :/∧  {/   /: : : : : : : : : : : : : : :/ イ{  {{ ,∧:V : : : : : : / : : : l: : : : :l
                   V: {:.:.:.:ヽ     / :`ー:、: : : : : : : : : /: / ヾ\/´ ∧:`‐┐: :/: : : : :l: : : : :l
                  Ⅵ:.:.:.:.:.{>、 \: : : : :ヽ: : :、: : : :l: V //\__ヾ} : : |/: : : : : : :l : : : /
                 `ヽ:.:.: ヾ牙ミニム : : : : }_: \: : l: :__V/、//\_,/ : : :{_.: : : : : : : :l : : /
                __ \/i\__. \: : :{ o:  ̄}\ヽ: : : : ̄ ̄ ̄: : : : : : : \ : : : : : l : /
              /--、 ヽ/  |  :| \ \ ≧=≦: : :`;`ー、__: : : : : : : : : : : : : : :\ _/イ
              Y⌒ヽ}/ 'ー i!` 、 |  i }'、 \ヽー' : : :} : : :\`: :、: : : : : : : : \ : : ヽ


 
(´・ω・`)エレン(♀)が、人類の自然繁殖のために肉便器になるおはなしさん【2章 美少年クラブ
(´・ω・`)これなんてエロゲー

リヴァイ(´・ω・`)男だらけの学校に少年として通ってもらう!
いいか!女だってばれたら取り返しのつかない事になるぞ!


エレン(´・ω・`) ドキ!男だらけの学校に入学する女の子学園編!



リヴァイ(´・ω・`)これからエレンには、男子生徒達の性欲を満たしてもらいます。
あ、この機密を漏らしたら、拷問部屋な。

エレン(´・ω・`)?!!!

男たち(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)わーい、女の子を抱けるなんて最高だぁー

エレン(´・ω・`)悔しいっ・・・!皆に犯されちゃった・・・ビクンビクンっ・・・!妊娠しちゃうっ・・・!

男たち(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)でも、俺たちが妊娠する側なんだ。うん。

エレン
(´・ω・`)お前らが妊娠する側かよ!世界が可笑しいだろ!?




撃の美少年クラブ  クロス美少女クラブ(作・赤月みゅうと)』×『進撃の巨人(作・諫山創)』 【2章 美少年クラブ 作者 器物転生 S 2015年01月10日(土)
美少年クラブ(上) ーーエレンが壁の外へと連れ出されたのは、男しかいない学園へと入学させるためだった。
そこでは皆、本名ではなくガーデン名という名前の花の名前でお互いを呼び合う場所である。

そして、クラスメイトは全員が進撃の巨人の世界で、仲間たちだったから、エレンは泣いた。
あの世界、めちゃくちゃ死にまくりの酷い世界なだけに、死んだ仲間とも再開できたら嬉しくて涙が出ちゃうの
 ー
そして、これが最も、何よりも重要な事だが……おまえが女であるという事を、周りの少年達には絶対に悟られるな。もしも知られれば取り返しのつかない事になる。分かったか?」
「……了解です、リヴァイさん!」

 リヴァイさんは鋭い目付きで、オレをにらむ。屋敷では見た事のなかったリヴァイさんの表情だ。その目にオレはゾクゾクして、身を震わせる。崩れそうになる顔をキリッと整えて、リヴァイさんに応えた。リヴァイ兵長が帰って来たように感じて、オレは嬉しく思う。それと同時に少しだけ、寂しいと感じるオレもいた。
 胸が熱くなったオレは、さっそく兵団の制服へ着替える。恥ずかしいと思う気持ちは、どこかへ飛んで行った。ロングブーツを履いて、短いジャケットを着る。体を縛るベルトはないらしく、巨人のいる世界よりも服装は緩かった。正確に言うと、これは"兵団風"の制服か。
 そういえばジャケットが短いのは、立体機動装置の邪魔にならないためだ。腰のベルトにワイヤーを射出する部分があるから、ジャケットが長いと引っかかる。だけど、こっちに立体機動装置はあるのか? もしも存在するのならば、こっちの壁を越える事も難しくない。

(´・ω・`)これなんて乙女ゲーか。
Re:第一話「美少年クラブ(上)」
No16:『(´・ω・`)パルメ』さんは5回目の感想ですよ!
ハーレム漫画の性別を逆にすると乙女ゲームになるのか……不思議!
「あれ? これ乙女ゲームじゃね?」と書き手が気付いたのは、
エレンの髪を「原作者さんの女版エレン」のように長めにするか、
それとも『進撃の巨人』のエレンのように短くするか悩んでいた時でした。
*ただし攻略キャラの大半は"卒業"で学園から姿



美少年クラブ(中)-エレンは、自分の性別だけが女性な事に気になった。
どうやら、かつての知り合いそっくりの同級生達は、生産施設で人工的に作られた個体なようだが、エレンだけ違う。
ひょっとしたら女性を生産できないから・・・エレンに子作りさせるのが、旦那様の目的かもしれなかった。

だって、美少年クラブというエロゲー部活があるんだもの。
エレンは男子生徒の性欲を満たすために使われてる予定
--
部屋の中に数人の執事がいる。その姿にオレは意識を取られていた。執事服を着て立っていたのは、女型の巨人に殺されたリヴァイ班のメンバーだ。うなじを削がれたグンタさん、噛み千切られたエルドさん、蹴り飛ばされたオルオさん……ああ、みんな生きているんだ。生きて動いている。その光景に感動していると、マントを羽織ったリヴァイ班長が現れた。
「おまえらに集まってもらったのは他でもない……このガーデン・アイリスの秘密と、とある実習。そして、それに関する"あるクラブ"の提案についてだ」

——第一話「美少年クラブ(中)」

 美少年クラブ。それはお兄様から少年たちへのプレゼント。皆さんの性欲を満たすため、選ばれたメンバーは"白いリング"を手にはめ、女の子であるガーデン・アイリスを共有する事ができます。メンバーは何時でも何処でも、アイリスとSEXして構いません、その代わり絶対に、他の誰にも見られぬように……美少女クラブの存在は他言無用。ガーデン・アイリスが女だという事も漏らしてはなりません。
——破った者は地下3階の"拷問部屋(トーチャールーム)"へ
返信:器物転生 日時:2015年01月05日(月) 19:25

Re:第一話「美少年クラブ(中)」

(´・ω・`)これなんて肉便器・・・げふんげふん、逆ハーレム
返信:器物転生 日時:2015年01月05日(月) 19:25
Re:第一話「美少年クラブ(中)」
No18:『(´・ω・`)パルメ』さんは6回目の感想ですよ!
男女を逆にすると、ここからが大変です。
無理矢理か、無理矢理の後に受け入れるか、最初から諦めて受け入れるか。
パルメさんが書いてる作品の傾向を見ると、快楽堕ちがお好みでしょうか。
エレンちゃんには無理矢理の後、心情的に一部納得してもらう予定です。
書き手が書くとビッチというか、病んじゃうんですよね。



美少年クラブ(下)-エレンは大勢の男たちに犯された。
なにせエレンはこの世界でただ1人の女の子。
男たちの希望だったのである。
ただし、性欲の対象という意味での希望。
男同士で妊娠して繁殖できる世界観だもん!

エレンは全員殺してやる!と前世と同じ感覚で指を深く噛み、巨人化しようとしたが無意味な行動だったそうな。 
--
 「もちろんだ、アイリス」
「一生、大切にする」
「オレはアイリスだけを好きになるよ」

 ジトーとした目でにらむエレンの問いに、3人の男たちは力強く頷いた。それはエレンを偽る気などない心からの言葉だ。しかし、エレンと男たちの認識は一致していない。大きな隔たりがあった。エレンと男たちの様子を見守る金髪碧眼の少年も、その差に気付いていない。
 前世の記憶から"妊娠"を知っているエレンは「生まれる子供について責任を取る」と思っている。しかし男たちは"妊娠"を知らず「一生エレンを愛すこと」に責任を取ると言っていた。"妊娠"を教えられていないために、まさかSEXが「人類の繁殖」に繋がるとも思っていない。男たちの言う人類の希望とは「異性」もしくは「性欲の対象」としての意味だった。
 それにエレンも前世の常識から、自分の性別について勘違いをしている。まさか男性が"妊娠"すると思っていないエレンは、自分が孕ませる側だと気付いていなかった。前世は男性であり、女性の体について詳しく知る機会もなかった。そのため"月経"を知らず、「こっちの男性は一定周期で出血するなんて大変だな」と呑気に考えていた。め。
(´・ω・`)これとんでもない逆レイプと逆ハーレム小説だわ。
男が妊娠する側な時点で。


0 件のコメント :

コメントを投稿

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)


★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。