╰( ^o^)╮自作漫画/2コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

【小説家になろう】 amazonレビューで、ギルドのチートな受付嬢が酷評されている件

47 件のコメント :

公開日: 2014年10月9日木曜日 ギルドのチートな受付嬢 管理人の文章 小説家になろう

amazonレビューで、ギルドのチートな受付嬢が酷評されている件  2014/10/9
(´・ω・`)WEB小説って、基本的に購入した読者に批判される運命にあると思うんじゃよ(なんか、元々WEBに掲載する事を前提にチマチマ投稿するから、書籍を読んだ読者からすると一巻一巻が中途半端になるらしい


最も参考になったカスタマーレビュー
29 人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

 投稿者 彪崎  投稿日 2014/10/3

 今流行の?異世界転生俺TUEEEなお話

読後感は説明書を読みきった感覚と似ています。
主人公がどれだけ凄いかを、ひたすら説明されます。
物語にうまく絡めてみせてもらえると良かったんですが、ひたすら説明文。
一応、非戦闘員なので(少なくとも1巻の中では)仕方ないのかもしれませんが、
話の中に入り込みにくいです。

また、1巻までの間に凄い冒険者?だったようで、知り合いが入れ替わり立ち代り出てくるのですが、
その辺りの関係性がきちんと説明ないまま、
主人公はこんな知り合いがいるんだ、どうだ!凄いだろう。とばかりに出てはすぐに退場してしまいます。
(途中で本当に1巻なのか、何度も表紙を見返してしまいました)

正直、ギルドの受付嬢の設定が生かされていないような・・・
もっと日常の話を入れて、街の魅力を読者に理解出来るようにする方が、ラストに共感しやすくなると思います。

あっ、でもイラストは可愛いですよ。



24 人中、23人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

 投稿者 Amazon Customer  投稿日 2014/10/3

 web小説?よく知らないが何となく買ってみました。
全体的に掘り下げ不足感が凄いなと。

主人公をチートと称する理由は
「主人公は美人でつよい→神から特別な力を貰って転生したから凄い→神のミスで死んだから」

色々と表現したい「作者の意思」はヒシヒシと伝わってくるが、ストーリー上の「主人公の凄さ」は
地味な設定文に終始し全く伝わってこない。

主人公の「前世」から「受付嬢」となる迄のストーリが一切なく話に付いていくのに苦労する。
キャラクターの人間関係も説明不足。わからない部分は想像で補うしかないのか?

また、主人公「前世の性別は男」で、「どんな仕事をしていたか?」などを回想するシーンが頻繁にあるが、
回想
するだけなので本作のファンタジー世界には影響が無い。
どう考えても要らない設定だと思うが作者はどうするつもりなんだろうか?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4575750085/scooper-22/ref=nosim/
(´・ω・`)小説家になろうで、TS物というだけで食いつく層がたくさんおるから、小説家になろうでは【TS/性転換】タグは、必要なんじゃ。
要らない設定は、小説家になろうの流行ジャンルだから仕方ないんじゃよ。
それらの要素がなかったら、書籍化はまず無理だから、無駄設定になるじゃ。

47 件のコメント :

  1. キッチンのスンゴイとんかつ嬢 にすれば売れたのに……。

    返信削除
    返信
    1. 最強エルフ娘(´・ω・`)この超絶チート技能を駆使してトンカツ作った。

      読者(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)意味がわからない・・・・

      削除
    2. ちがああああうううううううう
      ギルドに来る冒険者にとんかつ定食を振る舞うギルド付属食堂の調理師兼ウェイトレスのTSエルフ娘パルメさんが主人公のファンタジーハートフルとんかつストーリー!

      へたに神天能力の自慢なんか作中説明で始めるから嫌われるんだお!
      とんかつ作る以外凄い能力なんて持ってなければ問題無い!(どーん

      削除
    3. そこで山岡の登場ですよ。きっと異世界でも反日してくれます。
      きっとトンカツなんて近世日本で独自に変化した料理は好き勝手ボロクソ言ってくれますよ。

      あと、真面目な話、web小説は書籍化なんてするもんじゃないわ、マジで。
      玉石混交の中から玉を見つけ出して書籍化するから意味があったのであって、今や玉も石も手当たり次第だかんなぁ・・・。
      出版社も世間様に恥晒してるのが分からんのだろうか・・・買う奴は買うって言葉の見本だけど、拝金主義も行き過ぎだと思うぜ・・・。

      削除
    4. この作品、個人的には好きだけど、感想は極真っ当かも。
      なろう作品に限らないけど、一番面白いと思われる作者が書きたいシーンを作って、本来は後から肉付けをしていくけどその肉付け前をそのまま公開してるような作品が多いし、面白いシーンだけじゃ満足できないのも当然というかなんというか。
      なんだろう、萌え要素だけで中身が無いアニメと似た感じ。

      モンスター文庫ってなんじゃらほいと思ってリスト見たらこんなラインナップ。
      http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/listview/41000
      う~ん、Web小説書籍化の流行に乗って作ったなんちゃらチートが基本なレーベルなのかなぁ?

      削除
    5. 転生、ハーレム、チート、此の三単語が今凄い陳腐。

      削除
    6. チートって言葉は相当広義的になってるよね。
      通常は「インチキする」とか「騙す」みたいなマイナスイメージの言葉だけど
      今や「マジパネェ」くらいの気軽な言葉としてポンポン使われているというか。

      ハーレムに関しても、主人公があちこちでフラグ立てまくってるけど
      別に複数と「交際」しているわけじゃ無いからハーレムじゃ有りません。
      ただ主人公が良い男だから女の子からモテまくるだけです(キリッ
      みたいな感じの方向性で描かれがちな印象をうける

      削除
    7. とんかつネタの元は何なんだ
      パルメさんの好物なのかな?

      削除
    8. なろう読者は異世界などで努力や特殊な才能を持たなくても周囲の知的レベルを下げて相対的に俺tueee!が好きだけど、一般読者層は主人公が才能や努力で周囲より上でtuee!が好きというね、実際周囲のレベルを下げてだと物語が後々続かないんだよなーなろう系は長編にはむかんよ

      削除
    9. >チートって言葉は相当広義的になってるよね。

      「努力だけでチートになった青年の物語」とか「チートは努力の結果です!」とかいうタイトルの作品はチート=圧倒的強さだと勘違いしてんだろうなって感じだね
      努力とチートという単語が一文で同時に使われるとか訳が分からないよ
      あらすじどころかタイトルだけでスコップ粉砕してくるからなろう作品って凄いよね
      ハーレムについては童貞臭パネェっすとしか言えないかなw

      削除
    10. 神様転生のすでに冒険を終えてしまった後の第二の人生を描写している。
      神様チートがどのような力だったのか説明がない。
      転生後の人生が明確に回想されていない。
      登場人物の会話で主人公の実力が説明されることで済まされてしまっている。
      なぜ、ギルドの受付嬢であるのかいまいち読者が納得できない。
      というような感じですか。

      削除
  2. 今のなろうのランキングの月間でも見ればいかに主人公最強が持て囃されてるか分かるよ!
    なろうの大多数の読者は苦境とか望んでないんだ。労力かけずに手に入れた『ぼくのものすごーいちから』で一生懸命な敵を余裕綽々に倒すのが望まれてる。
    単行本よりライトノベル向きだよ!!

    返信削除
    返信
    1. 最近は小説作品の記事が少ないよね
      なろう含めたネット小説全体が衰退してる気がする

      削除
    2. (´・ω・`)今まで毎日のように紹介してたけど、三日前にようやくストックなくなったどん。
      http://suliruku.blogspot.jp/search/label/ネット小説

      削除
    3. どうやら自分の勘違いだったみたいだ

      削除
    4. 商業に拾われる作品が増えてちょっと勘違いしちゃった中高生がゴミを量産してるから
      神様テンプレと主人公の設定()とココハドコダーチートパワードカーンの3話くらいで終わってる作品の多いこと

      削除
  3. >主人公「前世の性別は男」で、「どんな仕事をしていたか?」などを回想するシーンが頻繁にあるが
    >回想するだけなので本作のファンタジー世界には影響が無い。どう考えても要らない設定だと思うが
    >作者はどうするつもりなんだろうか?

    これは自分もTS作品読むたびに度々そう思うなぁ。
    折角TSさせたのなら、TSキャラならではの話の展開を作ったほうが一粒で二度美味しいよね。
    勿論「死んで生まれて魔法学校」の作者みたいにアッーやれって意味では無い(断言)

    返信削除
    返信
    1. でも、パルメさんがTS美少女になったら、是非とも襲われて欲しいと思う今日この頃……。

      削除
    2. 確か女性キャラを主人公にしたいけど恋愛を描写を書きたくないから
      元男性という設定にしたんじゃなかったけ。

      削除
    3. その理由なら、単に恋愛に興味ないとかでええんやないの?w

      よく居る、必要性の無い設定は~、みたいなご高説垂れるつもりは無いけど、
      恋愛を書きたくない為に、わざわざ扱いが特殊になるtsをさせるとか、よう分からんw

      削除
    4. 作者が男性なら女性の心理描写が苦手だろうから意味はあるのでは?
      あとヒロインの追加も可能だし。
      男性が女性主人公物を書く場合はTSもつかえると思う。

      削除
    5. 異性が一切登場しないならともかく、異性が出る度に異性の心理描写苦手だからとTSに逃げ道を求めてると、
      作品に登場する異性はどうでもいいモブ除いて、全部TSさせる事になったりしない?w

      削除
    6. TSにしてもエロスを求めている人と、可愛さを求めている人は違うんです!

      削除
    7. TSにおける可愛さとエロス、この二つは本来相反する物では無いと思うんだ
      こんな時代だからこそ、どちらかを求めている人達が手と手を取り合って
      より高みに到るべきじゃないだろうか?(´・ω・`)

      削除
    8. それって男の娘が女装して、わざわざ女学園に入ってエロをするのとどう違うの?

      削除
    9. 女とエロエロするのは男の娘じゃなくてただの美少年

      削除
    10. その場合、前世が男なのに、異世界で男性に言い寄られて困るという「TS」ならではのイベントがなくなるということ?

      「TS」は新しい生活の中で元男性が女性になってしまったギャップに困るところに、読者が楽しむキモがあるんじゃないかな。

      削除
    11. 楽しみ方のツボは人それぞれやけど、個人的には
      「TSして女になった元男キャラ」が男の感覚のまま普通に「男キャラ」と交友するものだから
      「男キャラ」が色々と困惑したりやきもきしたりするって展開が好きよ。

      削除
    12. 二次小説だけど、個人的にはハーメルンの「IS-サクラサクラ-」(IS世界 旧帝国海軍特攻隊員→女子高生 )
      が面白い。
      最初のあたりの日常の描写が詳細で違和感なく、テンポよく読んでいた楽しかった。

      削除
  4. 見たけど神父さんの件だけは擁護不可だった

    返信削除
  5. これは、もともとこういう小説だし、1話を短く毎日更新が喜ばれるネット小説の手法で書かれたもは自然と個々のエピソードの掘り下げが浅くなる。
    それを知りながら書籍用に直さなかった編集の問題だろう。

    返信削除
    返信
    1. 下手に書き直すとwebで作った信者が離れるし、
      書籍化に向いてない作品は信者買いだけで儲けられる算段なけりゃ、最初から書籍化しないのが一番だな。

      この作品がどうだかは知らん。

      削除
    2. 実際には、加筆修正が多ければ多いだけ、WEB読者で書籍も買った人の満足度は上がるのだけれど。

      削除
    3. ※ただし、ダイジェスト化しない事
      ダイジェスト化されると、Web版は新規読者が来ることはほぼなくなり死ぬ。
      特にダイジェスト化が目的になって、1冊目の登場人物のキャラすら掴めないようなザックリ系はよっぽど評判良くない限り書籍版に手を出さないかなぁ。
      本当にこれ1話から読んで話に付いていけますか?的なダイジェスト化が大半だと思う。
      文体合うかの判断すら出来ないし、だからといって新しい章を読んだらネタバレ炸裂しまくりな訳で。
      だったら他の編集とかキッチリ通ったであろう非Webの新人さんの文庫とか買いますがな。
      モンスター文庫は普通のお値段みたいだけど、Web小説の書籍版って大抵大きくて高いし。

      個人的には書籍化は良い仕切り直しにもなる訳だし、編集さんと相談してここは評判が良くなかったから設定から直そうとか色々出来る訳で有効活用してほしいなと思う。
      ただ、2つの別作品になってしまうとそれはそれで書き分けとかが必要となって別スキルを要求されるので難しいだろうなとは思う。
      でも、そのチャンスを逃して単に紙媒体にしました、誤字脱字もそのままですとかだと、単に媒体変わっただけというガッカリ感が有るね。
      どうしても、漫画の連載と単行本とか、アニメのTV放送とDVD/BDのパッケージの差異みたいな+αのプレミアムが欲しいと思ってしまう。

      削除
    4. 余程蛇足でなきゃ、そら単純に量が増える加筆は歓迎されるよ。そんなの流石に分かってる。
      修正についても同様な。

      俺が言った下手に書き直すってのは、なろうで言うと、ケモいマスコット的キャラを一般向け()意識して、書籍化の際に単なる人間の女にした某作品みたいなのを言っている。

      削除
    5. まぁ、ケモナーは一般的ではないし、ケモ度が高いと一般受けしないから仕方ないね。
      脳内でケモ変換して楽しむしかないさ。

      削除
    6. ケモナーも人型のアクセントとしての獣耳、尻尾が好きな人や全身本格派獣的なタイプとか人好き好きですから、差があって当然!

      削除
  6. この作品はこんな凄い人が単に受付嬢している!という日常を描く元々一発ネタの短編だからね。
    長編にすると無理が出て当然よ。

    返信削除
    返信
    1.  でも、こんな美人なギルドの受付嬢が神様チートもなく放置されたら、きめえ上役や同僚、怪しい貴族や犯罪者集団や荒くれ冒険者に付け狙われ、あわれな末路が待ったなしかも。
       その意味での後ろ盾としての神様チートだったら、読者として許せる。

      削除
  7. パルメさんも、はよラッキーちゃんでデビューするのです

    返信削除
    返信
    1. なんかWeb小説の書籍って、どれも1000円越えしていて、買う人いるのかなーって未だに疑問に思ったり。
      よくオーバーロードたくさん売れるね。奇跡だよ。

      削除
    2. 腕白ゆんやーは買ったわw

      削除
    3. 加筆が多いって聞いたんでシュオウさんだけ買ったな。
      やっぱ高すぎ&出すぎですよ

      削除
    4. Web小説書籍にかぎらず、値段維持で頑張ってる新書勢に比べると最近の文庫の値上がりは酷い。
      昔はラノベ文庫で千円超えなんて川上稔くらいだったけど、今は大して気合が入ってないような本でも軽々と超えてくる。

      削除
  8. というか、大抵のWEB小説は頭空っぽにして、暇つぶし感覚で読むもんなんじゃないの?
    設定の脇が甘いのは当然で、それに読者がツッコミ入れるとこまでがWEB小説を読む上でのテンプレだと思ってた。
    編集通った一般作がコーラなら、WEBのはそれを水で薄めたみたいな感じ。
    それをわざわざ1000円で売るんだから、余程の傑作であるか、あるいは500MLコーラを高値で売ってくださいみたいなキワモノ面接の実現でもしない限り、酷評されて当然なんじゃないかと思う。

    返信削除
  9. っていうこんな地雷ですよってタイトル見て買うほうがどうかしてるわ。
    真っ赤な毒キノコを適当に拾って食べるようなもん。赤は警戒色。チートは地雷色。みればはっきりわかんだね。
    買うほうが悪い。

    返信削除
  10. ↑同意だわ。しかも、pixivから適当な絵師引っ張ってきました感の漂う表紙だし。表紙買いしましたってヤツいるけど、輪をかけてどうかしてると思う。売りたいならもっと上手で実績のある人に描かせた方が良いと思う。まあ、数打ちゃあたるで乱発してるから仕方ないか。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。