【魔法少女リリカルなのは】 転生者の魔都『海鳴市』   【■■■■■■■■■■編】 【第10部 ラスボスだらけ。  】

0 件のコメント :

公開日: 2014年10月5日日曜日 ネット小説 魔法少女リリカルなのは

前の章
次の章



        |     ./|                   | l l ヽヽヽ.l| 構 天 . そ
 防 地 !     / .|     ,、                | l l  ヽヽl.:| え .地 れ
 御 と .|   ,ム-|    .//                | l /l ∧..ヽl | の 魔 .こ
  !! .は !  ./::O:::|  r, ./ !__            |// l l lヾヾ .! 秘 闘 そ
___/  /://:::::|   l´lヾ´r―`'           |ノノ/ム'' ! l l | 密 の
       /三三ミ|  .l l   ´ニヽ、            .| //ii ノ l/ ∨\_______
     ,,r'_r―、 .|  )   r 、`i / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄¨ |、_|!"./∠r'"`/lllソヾ_ソ
    ,r '"-     |ソ.| /ゝ__ノ `'' | 攻 天 す : .|≧ l=ニフ / l l、
  ∠r'"7 ,r、__ l  | ゝ__ノ     | 撃 と  な : .|   |   / l l l ヽ
   .|/ l,ソ   ) l .|ヾ二ソ      .| .! ! は わ : . | ー'   /ソl l l lヾヽ
    `    ∨  |:::::/         |      ち   |、二,  / l l l l l l lヽヽ
             .|::/         .|             |   イ`ヽl l l l llヽ/´ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  事  魔  魔  そ    .|                      r,/ノ__
                  |          i 、ヾヽ、   ,r,'    | | ' r'-、
  を  力   と  . し     |       ヾヽ、i .ヽヾ i/ソ /ソ    |_ l ソヽ!
                  |        \フ ,, ,  ヾ__ノ    / 三ソ
  指  の  は   て     |        _ニソ l::¨:ヾ l l-iー=---'ヾ;;;;/
                  |      ,r'´ | ///ゝニノlll l .|;:    ,r'"
  す  使  無        .|     '___l///ト、三ソll l .|__,r'
                  |     / .i l l: l__ソli l ヽヾヽ
  .! !  用  論         .|    ノ   ノヾヽヽ: : : :ノノノ  ヽヾヽ、
                  |   r'"ヽソ/ilil ゝ二◎二ソ   l ヽヾヽ
      の             .|  イ二ヽ/ ll/ ̄ヽ,: : l l .ヽ、 l  ヽヾヽ
___________/  r|^iヽノ  /  //: : :.| | ∧_l__∨/
                   rl lソ__i l~~/ l .//: : :: :.| |  ∧
                   ´`´   / l  //:: :: :: :::| |  ∧
                        / l // ̄フ^∀l l   ∧
                      /   //  ./_ ヽ| .|   .∧
                      >、_l_l /    | .| , r 'ヾ
                     /   ゞl´      . ̄l´   ヽ
                       |ヾ   l        ∨    ヽ
                        |  ヽ  |           ∨    .)
                     |¨`二ソ          ヽー―'l
                     l`l´:l/            ∨ヽ∧
                    r'ミ ソ              ヾ:: :∧
                  r'""´ヽ_,ソ               l Y二ヽ
                    `ー-'"                 ヾ::::::::::ヽ
                                        ゞ;;;;;;;ソ

(´・ω・`)ドクラエの大魔王バーンさまが、ドラクエのライバルRPG【FF】のキャラと対決して、コテンパンにぼこぼこにされるお話さんの【第九部 ラスボス戦④ ドクラエの大魔王ばーん  VS FFの人達】
じゃよ。
ずーと、いろんな作品のラスボスが登場するから、最近はラスボス戦ばっかりで凄いんじゃ。

●大魔王バーン戦がそろそろ決着しそうだよ!
大魔王バーン(´・ω・`)こしゃくなー!
FF世界の人(´・ω・`)(´・ω・`)バーンの攻撃を賢者の指輪にMP回復移動、MPすりかえでMPで受け止めて耐えきる!そして全魔法!
大魔王バーン(´・ω・`)ぐああああああああああああああああああああああああああ!!!
常にダメージを受け続けて、FF世界の奴らがHPを回復させる戦場だとっ?!!!
FF世界の人(´・ω・`)(´・ω・`)これが、ターンの概念がない現実仕様の算術ホーリー!
舞台そのものを俺達に有利した!

●でも、大魔王バーンには、完全回復魔法があるから、致命傷にならないよ!

大魔王バーン(´・ω・`)ベホマー。はい完全回復。
大魔王ゆえに魔力切れはない。
FF世界の人(´・ω・`)(´・ω・`)なら、お前が穢土転生体なアンデットボディである事を利用する!
アレイズ!
お前を召還するために、生贄にされた人間さんを蘇生!
大魔王バーン(´・ω・`)こ、この大魔王バーンすら、道化でしかないだとっ!?
でも、異世界で凄い奴らに倒されて、とても気分が良い。
名前を教えてくれ!
FF世界の人(´・ω・`)(´・ω・`)「ブラッド・レイ」「……シャルロット、『全魔法使い(ソーサラー)』」
大魔王バーン(´・ω・`)あの世に戻ってゆんやっー!



転生者の魔都『海鳴市』   【■■■■■■■■■■編】 【第10部 ラスボスだらけ。  】   作:咲夜泪   Z   30-31話 2014年08月22日
30/決着-八神はやては、第八位を救済した。
ハヤテを殺して、第八位を絶望させようとする博士が居たりしたが、博士の穢土転生が解けたのでハッピーエンド。

ドラクエ世界の大魔王バーンと、FF世界の竜騎士との戦いは、竜騎士の圧倒的な有利な戦況に切り替わっていた。
回避も防御も不可能の『ハイト3ホーリー』は常に降り注ぎまくり、大魔王バーンだけが常に大ダメージを食らい、FFの竜騎士はHPを回復させながらのラスボス戦。

大魔王バーン。このままじゃ敗北して死亡しちゃうわ!  
--
「――っ、ぐおおおおおおおおおおおぉ――!?」
 魔法反射呪文を無視して貫通した魔法に驚愕し、敵である自分だけでなく味方にも等しく行われた無差別攻撃に底知れぬ恐怖を抱き――ブラッドとシャルロットだけはダメージを受けずに逆に回復している事に驚嘆する。
(……ぐっ、馬鹿な!?)
 シャルロットは『賢者の指輪』の全属性吸収の効果で、ブラッドは鎧の下に着込んだ『カメレオンロープ』の聖属性吸収の効果で――それはファイナルファンタジータクティクスにおける一般職の最大のバランスブレイカー『算術』で敵味方纏めて対象にして敵だけを一方的に屠る時に使う常套手段だった。
 『算術士』――それは全ての事象を計算で導出する最強の魔法職。
 詠唱が必要な魔法をMP消費無しで即時発動させる『算術』を行使する。

(´・ω・`)大魔王は詰んでいたのだ。
最初から(装備と舞台的な意味で

  31/風と共に散りぬ- 『算術』の解禁による終わり無き『ハイト3ホーリー』をくらっても、、強大無比なる大魔王バーンは健在だった。
だって、ドラクエの回復魔法がある。
大魔王バーンに魔力切れなどないから、受けたダメージ分だけ回復して長期戦やるだけで勝てる。
そんなドラクエのラスボスさんなのだ。

だから、FFの人達は大魔王バーンの『天地魔闘の構え』っていう無敵防御に突っ込む事にした。
これを破らないと長期戦になって勝ち目がゼロになる。
 『天地魔闘の構え』は防御・攻撃・魔法の三手を瞬時に繰り出す天下無双の魔技。
無論、突破は無理。
ダイがやった突破方法は、既に大魔王バーンが知っているから、それをやると返り討ちにあう。

FFの人達の目的は、大魔王バーンの身体が、NARUTO世界の忍術【穢土転生体】というアンデットボディである事を利用した一か八かの賭け。
FFのアレイズという完全復活魔法をかけることで、生贄になった者を復活させて、大魔王バーンをあの世へと送り返すことが出来る。
大魔王バーンは、自分が道化である事を知り、己を倒した者達の名前を聞いて、この世から去っていた。

 
   --
「異世界に生きる『竜』の騎士ブラッド・レイに『全魔法使い』シャルロット、この大魔王バーンを打ち倒した偉業を誇るが良い――」

 この世界の誰も知られない内に達成された偉大な栄誉を大魔王は自ら讃える。
 両足が崩れ、両角も崩れ落ち、最期の一欠片まで崩れ落ちる刹那、大魔王バーンは一つだけ問い掛けた。


『お前達は愚かで醜い人間達とどう付き合って行くのだ――?』

 飛散して舞い散った大魔王の姿を、ブラッドとシャルロットは敬意をもって最期まで見届ける。
 その突出し過ぎた力ゆえに、人間でない勇者ダイは彼等人間が望むなら大魔王を倒して地上を去ると答えた。余りにも純粋で気高く、悲しい解答だった。
 それに対する答えはブラッドには持ち合わせていない。幸か不幸か、取り巻く環境そのモノが違うからだ。


「――遠くで見守りながら、或いは手助けしながら生きて行くさ。残念ながら此処に生きる人間は良い意味でも悪い意味で弱くもなければ可愛くもないからな」
(´・ω・`)魔王に爽やかに認められるなんて、それなんて羨ましい。
この王道書ける文才が私にも欲しいですぞ。


0 件のコメント :

コメントを投稿

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)


★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。