╰( ^o^)╮自作漫画/2コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

【エルフ娘の世にも不思議な旅】 8国目 お金の国

7 件のコメント :

公開日: 2014年9月12日金曜日 ラッキーの不思議な旅 自作小説


前にゆっくり戻るよ ゆっくり次に進むよ
エルフ娘の世にも不思議な旅

8国目 お金の国 前篇


ラッキーは、今日も人間の国に不法入国して、街中を散歩していました。
その人間の国は、他国と比べるとそれなりに豊かで、街中には無数の高層ビルが立ち並び、広い道路には休む事もなく鉄の車が走り、人目のつかない場所に多数の住所不定のホームレスがいる普通の国です。
光あるところ闇ありという奴ですね。
でも、可笑しい事に、皆が希望を持って、目をきらきらと輝かせていて不気味なのです。
富める者も、貧する者も、明日への希望を平等に持っていました。

「?
この国、どうして皆が元気なんだろう?
貧乏な人も希望を持てる良い国なのかな?」

ラッキーは疑問に思ったので、近くにいた70才くらいのヨボヨボで、ボロボロの茶色のジャケットを何カ月も着ていそうなホームレスのお爺さんに話しかけてみる事にしました。
そのお爺さんは、道に落ちている空き缶を拾う資源回収という仕事をやっています。
常識的に考えると、恐ろしいほどに低賃金で割に合わない作業なのですが、お爺さんは笑顔です。

「ねぇねぇ、どうしてそんなに笑顔なの?
最近何かいい事があったの?」

「ん?
なんじゃ?
可愛らしい娘子じゃな。
ワシが幸せじゃとあかんのか?」

聞き方が悪かったのでお爺さんが少し怒っています。
ラッキーは知的好奇心を満たすために情け容赦なく

「普通は、あなたみたいな底辺階層の人間って、食うにも困るはずだから自暴自棄になったり、将来に絶望しちゃうはずだよね?
なんで笑顔なの?
ここってそんなに良い国なの?
気になるから教えてほしいの」

「口がなっとらん! 」

お爺さんは怒って場から立ち去ってしまいました。
ラッキーは話をしてもらえなくてションボリ。
でも、知的好奇心を満たしたいからめげません。
次は、ベンチに座っている貧乏そうな痩せている青年に話しかけます。
青年は、何日も風呂に入っておらず、身なりがボロボロのシャツとズボンでしたが、眼は希望でギラギラ輝いていました。
こんな貧乏人でも希望を持てるなんて、普通の国ではありえません。

「ねぇねぇ、最近良い事あったの?
良かったら教えてくれないかな?」

「ん?
可愛い娘だな。
今の俺は気分が良いから答えてあげよう!
この国はな!
新しく発行される紙幣を大量に刷って、国民全員に毎月配布する政策が実現する事が決まったんだ!
……まぁ、お譲さんも知ってるよな。
毎日ニュースになってるし」

「え?
お金を刷って配る……?
富を平等に配分する共産主義の一種なのかな?」

ラッキーには、意味が分かりませんでした。
青年は、若くて可愛い女の子と会話したのが久しぶりだったので、親切に教えてくれます。

「分かってないような顔をしているな。小さいお嬢さん。
小さいから理解できないのも無理はない」

「うん、分かんない」

「いいか?
お金を大量に刷ればな。
それだけ、皆がお金を使うんだ。
そうなると皆が儲けて、お金を更に使う循環が産み出されて……経済が活性化されて豊かになるんだ。
更に、そのお金が他国にも大規模に流通するようになれば、他国を支配したも同然。
他国は、我が国の通貨によって市場を牛耳られ、戦争に負けたも同然の状態になるんだ。
我が国が、相手国に紙幣の流通量を減らすぞ!と脅すだけで、市場が窒息し、我が国の言いになりならざる負えない。
ここまではいいか?」

「うん、分かった」

ラッキーには訳がわかりませんでしたが、わかった振りをしました。
通貨で他国の市場を支配しようとする所は理解できますが、その流通のさせ方が謎です。
ラッキーの頭の上にいる妖精さんは、男のことをキチガイを見るような目で見ています。

「今言ったような事を繰り返して、全世界に我が国の通貨を流通させれば・・・俺達は働かなくて良いんだ。
他国の富を我が国の通貨で買い上げて、一生、紙幣を量産するだけで贅沢に暮らしていける。
俺達の国は、そんな素敵な日々を送るために、来月から大量に紙幣を印刷して、俺達に配ってくれるんだ」

「うーん、それって酷い事にならないの?
紙幣の印刷のしすぎて、お金の価値がなくなって物価が極端に上がったりとか。
きっとそんな展開になると思うよ」

「は?何を言ってるんだ?
お金の価値が上がったり、下がったりする訳ないだろ?」

「え?そうなの?」

ラッキーには訳が分かりません。
金貨や銀貨なら話はともかく、低コストで過剰に印刷機で大量生産できる紙幣の場合、青年の言った通りの事を実行したら、紙幣の信用度が下がり、紙幣の価値が紙くずになるはずなのです。
青年は自信満々な顔で

「食料品の値段は不作・豊作の影響で極端に上がったり下がったりするかもしれないが、お金の価値は大して変わらないんだ。
この国は長年、金貨・銀貨・銅貨の三つの金属の貨幣で商売をやってきたから、ちゃんとその点はわかっている。
きっと、紙幣も同じようなもんだろう?
だから幾ら、紙幣を刷っても価値はなくならず、大量生産された紙幣による無限の富で国が豊かになるはずなんだ」

「あの、この国って、紙のお金って初めて体験するの?」

「ああ、そうだよ。
そんな一般常識も小さいお嬢さんは知らなかったのか?」

ラッキーはここで合点がいきました。
この国は、金属の貨幣を中心とした貨幣経済でやってきた国で、紙のお金を体験するのが初めてだったのです。
貨幣の場合、貨幣の中の金や銀を減らさない限り、価値は暴落しませんが、紙幣の場合は違います。
貨幣以上に紙幣は、国の信用度=紙幣の価値になっているのです。
紙幣は信用がなければ紙クズなのです。
この国の人達はそれを分からずに、馬鹿な事をやろうとしていました。



ラッキーは面白い事になりそうだったので、この国にしばらく不法滞在しようと思っています。
そして男にこう言いました。

「うん、私はこの国の事は何にも知らないよ。
でも、この国の未来は分かるよ。クスクスクス」







後篇に続く。

 



前にゆっくり戻るよ ゆっくり次に進むよ
エルフ娘の世にも不思議な旅


7 件のコメント :

  1. 貨幣価値は、物資の生産量との比較だから、この国で物資過剰なら、インフレにはなら無いよ!!むしろ物が売れて好景気になる!

    でも、働かないのはアウト!!
    物資の生産が止まれば金刷ろうが刷るまいが死ぬ!!

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)物資の生産量を超越した紙幣を発行すればいいどん。

      (´・ω・`)ジンバブエドルとか、ジンバブエドルとか。

      削除
    2. ジンバブエはなんというか・・・
      農園も企業も壊滅状態で物資の生産が止まっていたから・・・
      インフレはその結果であって、金刷ってなくてもやっぱり死んでたと思う。

      削除
    3. (´・ω・`)インフレオチに説得を持たせるために、贋札追加(どーん

      削除
  2. 国外から総スカン食らうセルフ経済制裁ですね分かります。
    そしてその後は国内で紙幣刷って、紙幣よりも紙の方が高価になるんですね。
    そういや日本でも地域振興券やってましたな。アレを全国民に延々と続けると…最低でもその分、働く意欲が削がれるな

    返信削除
    返信
    1. (´・ω・`)ジンバブエの時は凄かった・・・うん。
      幸い、農業大国だったようだから、経済壊滅した後も何とかなったみたいだけど、大勢の国民が国外に脱出したようだね。

      削除
    2. そら、逃げるさ。
      国内に止まって政権に異議を唱えると、ムガベの反政府狩り部隊が来て素で殺すから。

      削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)

★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。