【灼眼のシャナ 】 【転生】坂井悠二の恋人 【一章   平井ゆかりのせいで、シャナは名前を貰えず、愛刀を失う】

0 件のコメント :

公開日: 2014年8月28日木曜日 ネット小説 灼眼のシャナ


     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>‐く:::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ-く)-、:::::\
    /::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::〈´ ヽ:::::::..
   〃::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::\::::::::::ヽ:::::::::::::::::::ヽ.  \:::! 私の男になれ!
  /:::::::::::::::i:::::|i::ト、:::::ト、::::::__\:::::::::::::::::::i::::::::::::..   }:|  坂井ゆーじ!
  /::/::::!:::::::|:::::|i::| \\X´:::::::\:::::ヽ:::::::::::::::::::::ヽ /'
  | 1:::::|::::::::!i::リハ|- 、 \\>‐--ヽ::::i::::|:::::::::::::::::::|
  |i ト::::!::::::::|:!' rr=ミ     ̄ r== Y::::::!:::::::::::::::::::i
  |! |::::|:::::::::iヘ iヘーヘ         !:::::|::::::::::::::::::::|   ,. -ー-..、
  | !:::ト、::::::|:::ト、 ゞ _〉        }:::/::::::::::::::::::::::| /::::::::::r-、::::ヽ
   ヽ! \ト、|::ヘ     '_,.イ1   /::/:::::::::::::::::::::::::!/::/:::::イ:::|:::::ト:::::ハ
        ヽ:::::ハ    ヽ-'  //イヽヘ_:::::::::::::::|!::::!://イ}:::/}::|::i:::|i
         ∨::::!`T ァ ァ -く   /   `>、::::|Yヽ! じ` 」' rj |::|リ'
          r 、|::::i::/:::::{/1〉、 /    /    ヽヽヘ`ー ' ヽ _/ー'
    ( ヽ    ! |:|::::L,/´  {∧7   /      Y /\_ o_ ィ
     \ \ | | ∧i    | /  /        〉ヽ__∧!_    r=、r=ュ
      \ ヽi ! / !|     !|  ム       / \ :  ヽ ,ム  / /
       /r-べヽ ト\   ∨ /r-'   ,..    ハ  〉.:   / ミ / ム
      { 、ヽ丁  ! 「 ̄ ¬ヵr‐1 ヽ r-<_   〈 !/、   / ,イ  / ≠'
      ヽ ヽ_)  | ヽ,   ヽ__L 〈_=== 二 ァ″|  ヽ/ ,.イ ̄7´/
        Y    !-、 }   イ | \ 7`ー- ,_ j   ! \  / ト、  /
        |   |ニヽ{  / | !  /    /    { 


 ` '    `'
(´・ω・`)平井ゆかりさんが、とっても転生しすぎた転生者なお話さんな【一章   平井ゆかりのせいで、シャナは名前を貰えず、愛刀を失う】
数万年の人生経験があり、女として生きていくために、自身への危険を最小限にするために、坂井ゆーじを垂らしこんで、恋人になっていますぞ。
(´・ω・`)そして、周りが不幸!(ドーン!

平井ゆかり(´・ω・`)私のターン! ユージの恋人になる!
坂井ゆーじ(´・ω・`)恋人が出来た!
平井ゆかり(´・ω・`)更に、原作知識をプレゼントする!私は危険に関わらないから、坂井ユージが何とかしろよ!
坂井ゆーじ(´・ω・`)ごめん。普通にシャナに平井さんの事がばれた。
平井ゆかり(´・ω・`)しょぼーん。
シャナ(´・ω・`)邪悪な気配がする!
死ねぇー!私の武器のニエトトノシャナが消滅した・・・あれ?
平井ゆかり(´・ω・`)敵対する気はない。まずフリアグネ倒そうぜ!
シャナ(´・ω・`)・・・わかった。
平井ゆかり(´・ω・`)あ、シャナがユージから名前を貰うイベントとか、全部消滅させちゃった。
てへ☆


●フリアグネが死亡してゆんやっー!
人間に転生するための術式をゲットだぜ!
でも、莫大な存在の力がないから無意味。

●シャナ。原作でユージにシャナって名前を貰っていたけど、平井ゆかりのせいで名前なしのまま生活。



【転生】坂井悠二の恋人 【一章   平井ゆかりのせいで、シャナは名前を貰えず、愛刀を失う】 作:器物転生 SS 1-3話   



はじまり^坂井ユージは、恐ろしいほどに積極的にアタックしてくる平井ゆかりに戸惑ったが、平井ゆかりの思いに答えて、恋人になった。
平井ゆかりの怒涛の告白ラッシュ無双である。
坂井ユージはどの世界でも超絶リア充
 ^^
「平井さん。答えを返す前に、ちょっと待ってくれる?」
「なるほど。では、論理的に考える材料を渡しておこう。オレは特別な事情から、男性意識と女性意識の両方が抑圧される事なく成長している。本来ならば自身の性別によって、相反する意識は抑圧されるものだ。だが、かつてオレは男性であり、いまは女性となっている。とは言っても性転換した訳ではなく、例えるならば「他人から男性として扱われていた時期があった」と言うだけの話だ。お前がエッチな事をしたいと思えば、肉体的に女性として受け入れられるから安心しろ。
 そこで相談だ。このままでは男性意識も女性意識も成発達せず、精神的に男でも女でもない状態に陥るだろう。男性を愛そうとすればオレの男性意識が拒絶し、女性を愛そうとすればオレの女性意識が拒絶する。下手するとオレは、人を愛せなくなってしまうかも知れない。男にもなれず、女にもなれない。
 そこで、お前の出番だ。お前とオレが恋人になって、オレの女性意識の成長を促進する。そうすれば男性意識を抑圧し、オレは女として生きる事ができるだろう。女としてのオレを肯定できる。だから、どうかオレに協力してほしい。どうかオレと恋人になってほしい――オレを助けてくれ、坂井悠二。
 もちろん、それだけが理由じゃない。お前を好きな気持ちは本当だ。たった今ではなく、ずっと前から、この世界に生まれる前から、お前に好意を抱いていた、これはウソじゃない」

(´・ω・`)リア充すぎる・・・

2話  狩人フリアグネ (上) -
平井ゆかりは、街を守るため、自分を守るため、恋人の坂井ゆーじに必要な情報だけプレゼントして、危険を犯さずに頑張ろうとしていた。
だが、坂井ユージのメモから、存在がばれてしまい、簡単に身ばれ!


3話  狩人フリアグネ (下)ー
平井ゆかりは、排除すべき敵だとシャナに認識されて攻撃を受けた。
でも、この平井ゆかりは化物。
封絶も攻撃も全部自動防御して消滅させてしまう。
この件でシャナの宝具の剣が消滅し、シャナの近接武器なくなってふぁびょぉーん!

フリアグネの討伐をシャナが優先し、フリアグネは原作同様に、全力全開のアラストールさんにボコボコにされて消滅していった。
ーー
『これで会うのは最後かも知れないし、言っておくぞ。化け物共の目的は、トーチに仕込んだ爆弾を爆発させて、御崎市を崩壊させる事だ。その起点となるハンドベル型の宝具を破壊すれば発動は止められる。あとは作戦が失敗した化け物に、拳銃型の宝具でフレイムヘイズを攻撃させれば自動的に勝てる。火除けの効果がある指輪型の宝具は、人間に戻るための転生の自在式が仕込まれているから確保しておけ』
 結局、平井さんの言う通りになった。そのことに紅蓮の少女は不満そうだ。少なくともウソは言ってなかったとして、平井さんの処分は保留にするらしい。たぶん紅蓮の少女が、平井さんに関わりたくないだけなんじゃないかな。また平井さんに刃を向けて、生きて帰れるとは思えない。そこで僕は、ふと気付いた。

「転生の自在式が仕込まれているから確保しておけ」とは書いてあったけど
「転生の自在式で人間に戻れる」とは書かれてなかったなぁ……。

(´・ω・`)なんて事でしょう。
どの道、ユージはリア充になる運命。
灼眼のシャナ

0 件のコメント :

コメントを投稿

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)


★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。