【ドラゴンボール】 さすが界王神様は無能だったんですね!

11 件のコメント :

公開日: 2014年8月23日土曜日 ドラゴンボール 自作小説



ドラゴンボール

さすが界王神様は無能だったんですね!  2014/8/21
(´・ω・`)テーマ【界王神は役立たず】


界王神「皆が僕の事を無能だと言うんです!悟空さん!」
孫悟空「あひゃっー!
そんな事もオメェは分かんねぇのかー?
魔神ぶうの復活を阻止するために行動しているのに、オラの息子のゴハンの気をプレゼントするし
宇宙船ごと封印された魔神ぶうを破壊すればいいだけなのに、びびってヘタレて最大の好機を逃すし。
命をかけて行動している癖に、いざ命に関わる事態になると場から逃げるし
挙句の果てには、魔神ぶうが復活しそうになったら、地球から逃げようとしただろう?
そういう奴の事を専門用語で【無能】って言うんだ。あっひゃっー!
こんな恥ずかしい奴、オラは今まで見た事もねぇぞ!」


界王神「うああああああああああああああ!!!!
 孫悟空さんまで私をいじめるううううう!!!!!」

孫ゴハン「さすがお父さんです!魔神ぶう編で僕達の足を引っ張りまくった界王神を言葉だけで泣かせるなんて、誰にでも出来る事じゃありません!」


ベジータ「ふ、カカロット。
お前がナンバーワンだ。」

ピッコロ「これが神の中の神と言われる界王神様だとっ・・・?!」

 (´・ω・`)アニメの界王神様を見ると、ヘタレすぎて、序盤の威厳は何処にいったんだぁー!カカロットぉー!っていう気分になるのですぞ。
ドラゴンボール

11 件のコメント :

  1. 悟空が他人をねちっこく罵倒するってのも相当違和感あるけど

    >ベジータ「ふ、悟空。お前がナンバーワンだ。」

    これはかなりの破壊力。ベジータは悟空のことを『悟空』とは呼ばないんだ(´・ω・`)
    話の流れで「地球ではソンゴクウと呼ばれているがな」とか話すことはあるけれど……

    返信削除
    返信
    1. ベジータ「がんばれカカロットお前がナンバー1だ」

      (´・ω・`)しまった!

      削除
  2. ガンバレ、パルメ。
    お前がゆんやーワンだ。

    返信削除
  3. 界王神「どうか私を弟子にして下さい。強くなってパルメさんを見返したいんです。」
    界王「!?」

    20倍界王拳ぐらい使えればブウの足止めくらい出来そうな気がする。

    返信削除
  4. ブウが地球破壊した時もドラゴンボールをナメック星に取りに行くときも瞬間移動で大いに活躍したし…


    どっちもキビトの能力だった…ね…

    返信削除
  5. 破壊神と対になる存在らしいから界王神が全滅すると新しく星が生まれなくなると思う。
    平和な時は無駄飯食らいのニートとは違うんです。

    返信削除
    返信
    1. 界王神が全滅しても、植物のように生えてくるらしいよ。

      削除
    2. 界王神(´・ω・`)僕が死んでも代わりがいるもの・・・

      削除
    3. 界王神の一人称は「わたし」なんだ。改だと「僕」になってるん?

      削除
    4. (´・ω・`)管理人の勘違いだった。
      直してくる。(なぜか脳内で界王神の声を再生した時、私より僕の方がヘタレで似合うなぁーって思ったり。

      削除
  6. 対になる存在ということは言い換えるなら方向性は違っても界王神の存在価値は破壊神と同等の価値が在るということ。
    界王神が本来5人いることから考えると単純に考えて5分の1。悟空が仲間の力を借りても勝てなかったことから考えると界王神の存在価値は悟空よりも上だと屁理屈で界王神様を擁護してみる。

    返信削除

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)


★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。