╰( ^o^)╮自作漫画/2コマ漫画(ニュース)/挿絵/4コマ漫画(物語用)

【無職エルフ 】 働く義務がある国【後篇】 (2国目)

0 件のコメント :

公開日: 2014年8月24日日曜日 自作小説 無職エルフ ~暇だから旅をする~



前にゆっくり戻るよ! ゆっくり次に進むよ
無職エルフ


私は20年ぶりに、労働環境が極端に酷い国へと向かおうと思った。
資本主義(経済の仕組みの一種、この場合は少数の資本家が暴走して、その他大勢を奴隷にしている)が暴走して、国民が奴隷に成り下がった国は、どんな結末を迎えたのだろうか?
今回は空を秒速400mの速度で飛ぶ、空の旅。
風のバリアーで身体を守っているから、音速以上の速度で飛んでも何の問題もない。
早く移動しているから、風景が次々と私の後ろに流れ、爽快感があった。
たまに、どっかの国の設定した防空圏にひっかかり、戦闘機やら対空ミサイルが飛んでくるが、全部撃墜して返り討ちにした。
人間は空まで支配しようというのだろうか。
空は皆のものなのに、通るだけで私を殺そうとしてくる。
傲慢だ。
でも、その野心が楽しい。






ん?
目的地の国が視界に見えてきたが可笑しい。
かつては無数のビル群がある豊かな国だったのに、どれもこれも崩れ果て、各所から銃声がする。
一体、何があったんだ?
国の上空に停止して、ゆっくり私は荒廃した国を見下ろすと、妖精さんが

「ラッキー。
危険だから逃げようよー」

妖精さんの忠告は無視した。
いつも私を心配してくれるのは嬉しいが、私は死よりも、好奇心を優先したい。
風のバリアーを展開しつつ、ゆっくりと国の中央付近に降下する。
そこでは廃車や木材などの障害物越しに、人間が小銃を撃ちまくって殺し合う戦場だった。
以前、この国に来た時は肌が黄色の黄色人種だらけの国だったが、なぜか肌が真っ黒の違う人種も大量にいて、どっちの人種も違う色の肌を持つ相手を殺そうと頑張っている。
幾つかの銃弾が私の所にも飛んできたが、全て風の魔法で事前に探知して、効率よく風のバリアーで防いだ。
何があったのだろう。
とりあえず、人間を一人拉致して洗脳しよう。
あそこの物影で隠れて怯えているヨボヨボのお爺さんがいいな。
頭を両手で抱え込んで、地面に伏せて震えている所に、人間らしさが溢れてる。。
この人間は、どんな状況でも生きようという意志を持つ事ができる、そういう人間だとわかった。
私が歩いて近づくと、お爺さんも私に気付いたのか、顔をこちらに向け、満面の笑みで

「おおっ!
行方不明になったワシの孫娘ではないかっ!
相変わらず小さくて若いのぅ!若いのぅっ!
若いのぅっー!」

「まだ、生きていたか人間。」

「うわぁ、ラッキーの洗脳魔法が20年も効力続いてるよぉ。」

20年前に、私が洗脳したお爺さんだった。
100歳を超えているはずなのに、まだ元気に生きている。
多少、以前と比べるとヨボヨボだが、他の人間よりも、生きる気力はあるようだ。
どうして、こんな国になってしまったのかを聞いてみよう。

「人間。
たった20年の間に、この国はどうして紛争地帯になってしまったんだ?」

「ん?その言い方じゃだと、孫娘は国外で暮らしておったんじゃな?
ならワシが事情を懇切丁寧に説明するぞい!」

お爺さんが私を抱きしめて、顔をスリスリしてきた。
よほど、酷い目にあったのだろう。
以前よりも密着してくる。
うっかり、私が風のバリアーを解除して、周辺に再展開し直さなかったら、このお爺さんは風のバリアーで粉々になっている所だから大変だ。
お爺さんはそんな事も知らずに、嬉しそうに話しかけてくる。

「実はのぅっ!
あれから労働者を酷使しすぎたせいか、労働者どもが結婚すらしなくなったんじゃ。
そのせいで未来を担う若者が産まれなくて数が減り、労働力が足りなくて困った事態になったぞい。
しかも、低賃金で長時間の仕事はたくさんあるのに、激減した若者が就職せずに次々と自殺するから、本当に困ったんじゃ!」

「ラッキー。
この人、自業自得すぎるよ。」

全く反省してないな。
だが、そこが人間らしい。

「そこでワシは考えたんじゃ!
国外で、定住の地を求めて彷徨う難民なら、低賃金労働者に相応しいのではないかとな!
食う物にも、住む所にも困っとるゴミのような奴らじゃから、ワシの奴隷として働いてくれると思って、100万人単位で国に受け入れたんじゃ!
そしたら、奴らは最初は低賃金で、奴隷のような境遇でも働いてくれて最高じゃったわい!」

「人間、この価値観が極端に違う国々が多い世界で、難民を受け入れたのか。
価値観が違えば、一緒に共存するのは大変だろう。」

「そうじゃ!
その価値観の違いが最大の問題だったんじゃ!
奴らは、ワシらの国の常識を守らんから、あちこちで騒ぎを起こして大変じゃった!
やれ、労働環境を改善しろ!
奴らの宗教を国教として認めろ!礼拝させろ!
人間としての権利を認めろとか、ふざけた事をぬかしてのぅっ!
だからっ!
ワシはっ!
政治家に賄賂を払って、奴らの子孫は末代まで奴隷として、ワシらに奉仕しないといけないという法律を作ったんじゃ!」

さすがに、このお爺さんの酷さに、私の頭にいる妖精さんも呆れていた。

「ラッキー。
このお爺さん最悪だよ!
ねぇ!
ここで殺そうよ!
生かしちゃ駄目だよ!この人!」

それは駄目だ。
このお爺さんには、個人的に恩がある。
1000年は旅をして暮らせる財産を貰った恩を、仇で返すのは良くない。
私から見れば、このお爺さんは良いお爺さんだ。

「ラッキーの鬼畜っー!」

妖精さんが頭をポカポカ叩いてくるが、私は無視した。
まだ、お爺さんの話は終わってないのだ。
私の知的好奇心を満たしてくれる話は素敵だ。
クスクスクス

「ワシは難民どもを、次々と弾圧する法律を作ったんじゃ!
集会の禁止!
結婚は企業の許可がないと禁止!
犯されても殺されても文句を言えない義務!
ゆんやー教という邪教の禁止!
逆らったものは全部死刑にして、奴らを良い労働者になれるように頑張ったんじゃよ!」

「人間。
その結果が、この紛争地帯か?」

「むきっー!
気にいらんがそうじゃ!
奴らは不満を爆発させて、独自に武器を作り出して、あちこちで銃を乱射してテロをしたんじゃ!
ワシらも武器を取って戦って、今じゃ内戦ばっかりの最貧国になってしまったわい!
しかも、周りの国々が、ワシらの持っている資源欲しさに攻め込んできて、今じゃ武装勢力が乱立する戦国時代じゃ!
悔しいのぅ!悔しいのぅっ!
かつて、ワシは国を支配する大企業の主じゃったのに、今じゃゴミどもと同じ最低辺じゃ!」

お爺さんが悔しがって涙を流している。
億万長者から、一気に最低辺と同じ身分に転落したから大変だったのだろう。
そんな時、大量の銃声とともに、私のバリアーに膨大な数の銃弾が着弾して、銃弾が消滅したり跳ね返っていた。

ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!ターンっ!

周りを見渡すと、いつの間にか、周辺の銃撃が全てここに集まっている。
どうやら、この国の人間も、元難民達も、このお爺さんに多大な恨みがあるようだ。
全部、風のバリアーで防げて余裕だが、この世界は私にだって防げない攻撃が幾つかある。
もしも、それをされたら、私はここで死んで世界樹になって、周辺一帯を消滅させてしまう事になるだろう。
私の旅はここで終わらせたくない。
私はお爺さんの背の襟を、片手で担み、そのまま空高く上空へと飛んだ。
空は地上と比べれば安全だ。
高度が高ければ高いほど、そこに攻撃できる兵器の数は激減する。
私達を銃撃していた人間達は、何かを言って叫んでいるようだが、どうせ有り触れた内容だから、気にしないことにした。






高度はざっと1万m。
さて、このお爺さんをどうしようか。
お爺さんは、最初は驚いていたが、今は喜んではしゃいでいる。

「おおっ!
ここは天国かっ!
ワシは善行を繰り返したから、天国で永遠に暮らせるんじゃな!
可愛い孫娘と一緒に居られて幸せじゃー!」

人間には達成困難なことを、私が軽々とやるせいで、勝手に死んで、あの世という場所に居ると思い込んでいる。
このお爺さんは、どんな宗教を信じているのだろうか?
基本的に、この地域にいる神様は人間を救わない。
人間に天国などという特別待遇を与えることはない。
99%。地獄という場所に送られて、そこで自我がなくなるまで虐待されて、新しい人生スタート。
そんな神様だった記憶がある。
地上では有り触れた、よくいる神様。


・・・・ふむ、よく考えたら地獄行きは可哀想だ。
このお爺さんくらいなら、私が救ってやろう。
私に恩を売ることができて、今、恩を返して貰える、お爺さんはなんて運が良い奴だ。
まずは・・・この地域の神様の支配領域からの脱出だな。
ここでお爺さんが死んだら、地獄行きになってしまう。
それだけは駄目だ。
空を飛んで、ましな神様が支配している土地に行こう。
死んでも地獄行きにならない。
そんな場所ならどこでもいい。
私はすぐに秒速400mほどの速度で、空を飛んで移動を開始した。
周りの光景がすぐに入れ替わるから、お爺さんは喜んでいる。

「さすが天国じゃ!
幾らお金を積んでも体験できない光景じゃ!
ところで・・・これは何処に向かっておるんじゃ?」

「人間、お前が不幸にならずに済む場所だ。」

「ええのう!ええのう!
ワシはお爺さん思いの孫娘が居て幸せじゃ!」

孫娘か。
洗脳の効果とはいえ、孫娘と祖父の関係が20年後にまで続くとは思わなかったな。
せいぜい、地獄を作らない神様の所に送ってやろう。
そう思うと、前方の空中に、浮いている大陸が見えてきた。
大陸のサイズは、異世界の書物に描かれたオーストラリア大陸とほぼ同じ。なんでも異世界ではオーストラリア大陸というのが大陸としての最少のサイズという基準があるらしい。
そして、謎の原理で空中に浮いている理不尽な物体だ。
この浮遊大陸の死者を管理する神様は、地獄作らず、すぐに転生させてしまうから、記憶を引き継いだまま第二、第三の人生を歩む人間達が多い。
私は、その浮遊大陸へと向けて、お爺さんを魔法で飛ばした。

「おお!ワシは空を飛んどる!」

ざっと速度は秒速2km。
バリアーを展開するのを忘れたからか、お爺さんは空中で空気と摩擦し、赤く燃え上がって、一部の身体を残して消滅した。
残った一部の身体(肉片)が、浮遊大陸の地面に降り注ぐ。



なぜ・・・・こうなる・・・?
・・・・・あ、そうか。
人間はバリアーも展開できないし、空も飛べない生き物だった。

「ラッキー!
そういう肝心な所を忘れちゃ駄目だよ!?
というか、秒速2kmで飛ばす時点で殺す気満々だったよね!」

エルフなら、魔法があるから、それくらいの事で死なない。
人間はなんて脆い生き物なんだろう。
私達と同じ姿をしているから、秒速2kmくらいなら大丈夫だと思ったのに、すぐ死んだ。
クスクスクス。

「笑っちゃ駄目だよ!?
一応、お爺さんの事を恩人とか、心の中で思ってたよね?!」

まぁ、お爺さんの地獄行きは防げたから、恩は返せた。
今頃、他の生物に転生しているだろう。
それがゴキブリか、人間か、エイリアンか、ゾンビかは知らないが、そこから先の人生を生きるのはお爺さんだ。
最後に、お爺さんのバラバラ死体に花を添えて終わりにしよう。
浮遊大陸に生えている花を、風の魔法で切断して、死体の上に移動させて、はい、死者へのお見舞いおしまい。
ふぅ、良い事をした後は気分が良い。
今回は資本主義の国が暴走したら、どのような結末を迎えるのかを見れて楽しかった。
大きな資本を持つお爺さんが、国民全てを奴隷化して使い潰して人口激減、その減った穴埋めをするために、最後は他国からの難民を受け入れて紛争地帯になるなんて、私には想像もつかなかった。
これだから、この世界は面白い。
どんな立派な制度も、運用する人間側次第で、人類を破滅させる道具と化してしまう。
旅はやめられないな。妖精さん。

「ラッキー!
森に帰ろうよ!
こんな人間の世界やだぁー!
おうちかえるっー!」








働く義務がある国【後篇】 → 資本主義が暴走して、国民を総奴隷化して破滅した国
おしまい



前にゆっくり戻るよ! ゆっくり次に進むよ


0 件のコメント :

コメントを投稿

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)コメントの入力欄は小さいですが、右端の//をクリックして下に引っ張れば、かなり大きくなります。

(´・ω・`)1日に1回、システムからスパムだと判断されて隔離処置されたコメントを、元の場所に戻しておるんじゃよ。

(ノ゜ω゜)(ノ゜ω゜)記事にブログ内から転載したコメントがある場合、コメントを返信する時、別の場所に移動する事があるけど、そのまま書き込んでも問題ありません。(同じページ内の移動ですし)



最新コメント(50件) (LINE風)(表示遅い)


★最新コメントが生えてくる場所です(たまに故障する)

最新コメ(高性能)

この最新コメントシステムはシグナル フラッグZ様が開発しました。
最新コメントを表示するボタン・ω・`)ノ
(´●ω●`)コメント150件表示verもありますお(シンプル仕様)
( ;∀;)こっちの最新コメントが表示できない時は、上のシンプル仕様の最新コメントを使ってくれると嬉しいです。
マザーテレサ(ノ●ω●) 人間にとってもっとも悲しむべきことは、病気でも貧乏でもない。 自分はこの世に不要な人間なのだと思い込むことだ。